Rakuten infoseek

辞書

北山村【きたやま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北山〔村〕
きたやま
和歌山県東部,熊野川支流の北山川右岸の村。1889年村制。三重県,奈良県に囲まれた和歌山県の飛び地で,かつて北山川上流域で産する木材をで新宮(→新宮市)に流送した筏師の村であった。七色峡など奥瀞(→瀞峡)の峡谷美で知られたが,七色ダムの建設により水没。1958年から筏による輸送はトラックに代わった。林業を主とする。吉野熊野国立公園の一部。国道169号線が通る。面積 48.2km2。人口 446(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北山村」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北山村の関連情報

他サービスで検索

「北山村」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.