Rakuten infoseek

辞書

北周【ほくしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北周
ほくしゅう
Bei-zhou; Pei-chou
中国,北朝 (→南北朝) の一王朝 (557~581) 。西魏の実権者であった宇文泰の死後,世子の宇文覚 (→孝閔帝) が跡を継いだが,これを補佐していた宇文泰の兄の子宇文護が明帝1 (557) 年西魏の恭帝に迫って帝位を去らせ,宇文天王に奉じ,王朝を建てた。北周は建徳6 (577) 年北斉を滅ぼし,その土地,人民を併合した。のち外戚楊堅 (→文帝) のため国を奪われ,北周は滅びた。北周は宇文泰が西魏で施行した『周礼』による制度を受継いだが,これは皇帝の支配権の強化を秘めたものである。兵制には宇文泰の始めた府兵制が採用された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほく‐しゅう〔‐シウ〕【北周】
中国、南北朝時代北朝の一。北魏の東西分裂後、西魏の宰相宇文泰の子の覚が恭帝の禅譲を受けて556年に建国。都は長安。第3代の武帝北斉を併合したが、581年、によって滅ぼされた。後周

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほくしゅう【北周】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほくしゅう【北周】
中国、北朝の一。北魏ほくぎの東西分裂後、宇文泰の子の覚が西魏のあとをうけて建国(557~581)。都は長安。北斉を併合したが、外戚の楊堅(隋の文帝)に滅ぼされた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

北周
ほくしゅう
中国の王朝(557~581)。西魏(せいぎ)の実権者宇文氏が西魏を奪って創建した。国名の周のおこりは、西魏の代から古代の周を手本としたためで、そのことによって北魏孝文帝以来の漢化主義、門閥主義を排し、北族尊重主義をとるとともに素朴主義の政治を目ざした。第3代武帝のとき廃仏を断行して君権の強化を図り、また北斉(ほくせい)を平定して華北の統一を実現したが、その子宣帝は暴君で人心は北周から離れ、これに乗じた外戚(がいせき)楊堅(ようけん)が政権を奪って581年隋(ずい)朝を建てた。しかし関中に本拠を置いた隋・唐両帝国の直接の母体となったものは西魏ならびに北周であり、その意味でこれらの王朝の担った意義は大きい。[谷川道雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほく‐しゅう ‥シウ【北周】
中国、南北朝時代の北朝の一つ(五五六‐五八一)。国号は周。西魏の実力者宇文泰の子の覚(孝閔帝)が西魏の恭帝の禅譲を受けて建国。都は長安。五世のとき隋に滅ぼされた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北周」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北周の関連情報

関連キーワード

南朝北朝南朝武帝[南朝陳]解約手付陳覇先ねんきん定期便ハンセン病家族訴訟関門連系線

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.