Rakuten infoseek

辞書

北京原人【ペキンゲンジン】

デジタル大辞泉

ペキン‐げんじん【京原人】
中国北京郊外、周口店の石岩洞穴から発見された化石人類更新世中期、50万~20万年前の生息推定される。原始的な石器を用い、火を使った。ホモエレクトゥス‐ペキネンシス。旧称シナントロプスペキネンシス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぺきんげんじん【北京原人】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ペキンげんじん【北京原人】
中国北京郊外の周口店洞窟から発見された化石人類。原人の一種で、脳容量約1000立方センチメートル。頭骨は頑丈で、眼窩上隆起が著しい。火や打製石器を使用した。ホモエレクトゥスペキネンシス。シナントロプスペキネンシス。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

北京原人
ぺきんげんじん
Peking man
中国、北京周口店出土の原人段階の化石人類通称。学名はホモ・エレクトゥス・ペキネンシスHomo erectus pekinensis。シナントロプス・ペキネンシスはその旧学名。人類学史上一般に、重要な化石標本が発見されても、多くの問題点をはらみ、すんなりと承認されることは少ないが、北京原人は多くの学者の期待を受けながら発見された数少ない例といってよい。
 1926年、中国の地質調査所所長として北京に滞在していたスウェーデンの地質学者アンダーソンJ. G. Andersonは、周口店において人類らしいものの歯を発見したと発表した。27年末から、カナダの解剖学者で北京協和医学院教授であったブラックDavid Blackが、ロックフェラー財団の援助のもとに発掘調査を開始した。その際ブラックは、先に発見されていた大臼歯(きゅうし)の持ち主をシナントロプス・ペキネンシスと命名した。29年末に中国の人類学者斐文中(はいぶんちゅう)が頭骨第1号を発見し、以後、頭骨6点を含む約40体分の原人骨格と149本の遊離した歯が発掘された。ブラックが急死した翌年の35年、ドイツ出身の人類学・解剖学の泰斗ワイデンライヒF.Weidenreichが彼の後任として迎えられた。37年、日中戦争が勃発(ぼっぱつ)して発掘調査が不便になり、41年、ついに戦火を避けて全標本をアメリカ合衆国に発送したが、その翌日に太平洋戦争が勃発し、標本のすべてが紛失してしまい、その行方は不明のままである。しかし、ワイデンライヒによる優れた模型標本が残されていたことは不幸中の幸いであった。大戦後に再開された発掘では、頭骨片や歯などの数点が発見されたにすぎない。
 標本が発見されたのは石灰洞穴内の堆積(たいせき)物中からであるが、奇妙なことに、その大部分は頭骨と歯であり、四肢骨はわずかである。頭蓋(とうがい)容量は約900~1200ミリリットルで、眼窩(がんか)上隆起の発達が著しい。上顎(じょうがく)切歯の舌側面にみられるシャベル状のくぼみはモンゴロイド一般にみられる特徴であるため、北京原人をモンゴロイドの直系の祖先とする学者もいる。もう一つの代表的原人であるピテカントロプス(ジャワ原人)より進歩的とみられている。木炭や灰が伴出するので、火を使用したと考えられる。石器が随伴して発見されているが、東アジアに広く分布するチョッパー、チョッピング・トゥールとよばれるものである。生存した年代は第四紀更新世(洪積世)中期、約50万~20万年前と推定されている。[香原志勢]
『松崎寿和著『北京原人――世紀の発見と失踪の謎』(1973・学生社) ▽二宮淳一郎著『北京原人――その発見と失踪』(1991・新日本出版社・新日本新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ペキン‐げんじん【北京原人】
〘名〙 化石人類の一種。一九二七年北京郊外の周口店で発見され、二〇~五〇万年前のものと推定。脳容量は九〇〇~一二〇〇cc。石器を作製し火を使用した跡がある。現在の正式学名はホモ‐エレクトゥス‐ペキネンシス。旧学名、シナントロプス‐ペキネンシス。北京人類。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

北京原人
ペキンげんじん
Sinan-thropus-Pekinensis
北京の南西,周口店の竜骨山から発掘された化石人類。「シナントロプス−ペキネンシス」
1927年にD.ブラックにより命名された。約50万〜30万年前の人類で,ジャワ原人(ピテカントロプス−エレクトゥス)よりやや進化したものとされている。1928年,石器や骨器が発見されて道具の使用が判明し,木炭や灰の痕跡からすでに火を使っていたこともわかった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

北京原人
ペキンげんじん
中国,北京の南西,周口店の石灰岩洞窟より発見された旧石器時代人
1927年出土した大臼歯を人と類人猿の中間型とし,カナダの学者ブラックが「シナントロプス‐ペキネンシス」と命名。打製石器・骨角器を用い,火を使用した。更新世中期に定され,その後も多くの人骨が出土した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

北京原人
ジャワ原人」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

北京原人
ペキンげんじん
シナントロプス」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北京原人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北京原人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.