Rakuten infoseek

辞書

北マリアナ連邦【きたまりあなれんぽう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

北マリアナ連邦
きたまりあなれんぽう
Commonwealth of the Northern Mariana Islands
太平洋西部、ミクロネシアにあるアメリカ自治領。グアム島を除くマリアナ諸島が、1976年自治領化を決め、78年自治政府を発足させてアメリカ自治領北マリアナ連邦となった。首都はサイパン島ガラパン。面積471平方キロメートル、人口8万1500(2001推計)。うちサイパン島に約7万5800が集中し、ついでロタ島3100、テニアン島2600と、極端に差がある。
 小笠原(おがさわら)諸島とグアム島を連ねるマリアナ諸島は延長560キロメートルに及び、火山性の16の島からなるが、うち3島は群島をなすので、島名としては14が数えられる。すなわち北からウラカス島(またはパハロス島)、マウグMaug三島、アスンシオンAsuncion島(またはサン・イグナシオSan Ignacio島)、アグリハンAgrihan島、パガンPagan島、アラマガンAlamagan島、ググアンGuguan島、サリガンSarigan島、アナタハン島、メディニーヤMedinilla島、サイパン島、テニアン島、アグイハンAguijan島、ロタ島(またはルタ島、ザルパネ島)で、最高点はアグリハン島の965メートル。また、マウグ三島は、沈降して火口壁の三つの峰が中にラグーン(潟湖(せきこ))を囲んだ形になったものである。全域にわたってサトウキビ、コプラの産出があるが、1960年代以降テニアン島などでは牧牛も行われる。
 本来、チャモロ人が居住して強大な部族国家を形成していたが、1668年以来スペイン領となり、当時のスペイン国王の母マリアナ女王の名をつけた。1898年グアム島がアメリカ領となり、他は同年ドイツが購入した。第一次世界大戦後、日本の委任統治領、第二次世界大戦後はアメリカ信託統治領となっていた。マリアナ諸島は旧称ラドローネLadrone諸島。[大島襄二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きたマリアナ‐れんぽう〔‐レンパウ〕【北マリアナ連邦】
Commonwealth of the Northern Mariana Islands》太平洋西部にある米国自治領。マリアナ諸島グアム島を除くサイパン島ロタ島テニアン島など14の島々からなる。元はチャモロ人が居住し、1668年にスペイン領、1898年にドイツ領、第一次大戦後から1944年まで日本の委任統治領となった。第二次大戦後は米国信託統治領となり、1978年より自治領。主都はサイパン島のススペ。正式名称は北マリアナ諸島自治連邦。CNMI

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北マリアナ連邦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

北マリアナ連邦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.