Rakuten infoseek

辞書

化身【けしん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

化身
けしん
変化して現出した身体。神や妖精などが姿を変えて現れること。キリスト教では,イエスは人間救済のための神の化身とみなす (→インカルナチオ ) 。ヒンドゥー教では,アバターラといい,ビシュヌ神やシバ神は種々の身体を現出するが,ビシュヌ神の 10種の化身が特に有名。仏教では化身は nirmāṇakāyaの訳で,三身の一つ。仏が衆生を救済しようとしてそれぞれの衆生と同じ形相をとって変現した姿。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

け‐しん【化身】
[名](スル)
仏語。世の人を救うために人の姿となって姿を現した応身(おうじん)。
神仏などが姿を変えてこの世に現れること。また、そのもの。「神の化身」「悪魔の化身
抽象的で無形の観念などが、形をとって現れたもの。「美の化身
歌舞伎で、化け物などのこと。また、それに扮(ふん)するときの隈取(くまど)り

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

化身
宮ノ川顕による小説。2009年、第16回日本ホラー小説大賞にて大賞受賞。応募時のタイトルは「ヤゴ」。同年、「雷魚」「幸せという名のインコ」の2作を併せ刊行。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化身
日本のポピュラー音楽。歌はシンガーソングライターで俳優の福山雅治。2009年発売。フジテレビ系で放送のドラマ「魔女裁判」の主題歌

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けしん【化身】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かしん【化身】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けしん【化身】
( 名 ) スル
神仏が人々を救うために、さまざまな姿に形を変えて、この世に現れること。
〘仏〙 「応身おうじん」に同じ。
芝居に登場する妖怪変化。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

化身
けしん
仏がかりに現した姿をいう。サンスクリット語ニルマーナカーヤnirmakyaの訳。変化した身体の意。変化身(へんげしん)ともいう。仏の三身(法身(ほっしん)、報身(ほうじん)、化身(けしん))の一つで、仏が生きとし生けるものを救済しようとして、その生きものと同じ姿をとったものをいう。教化すべき人々の能力や素質に応じて現れる身体という意味から、応身(おうじん)とも漢訳される。
 英語のインカーネーションincarnationの訳語としての広義における化身の概念は、神や仏、あるいは超自然的、超人間的存在が、ある目的のために、一時的ないし継続的に人間や動物などの形相(けいそう)をとってかりに姿を現したものの意。キリスト教では、イエスは人間救済のための神の化身とみなし、インカーネーション(託身(たくしん)、受肉(じゅにく))と称する。[坂部 明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐しん クヮ‥【化身】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

け‐しん【化身】
〘名〙
仏語。仏の二身(法身・化身)、または三身(法身・解脱身・化身あるいは法身・応身・化身など)の一つ。仏が衆生を救うために、それぞれに応じて人や鬼などの姿で現われたものの一つで、釈迦仏などをさす。応身・応化身・変化身化仏などと呼ばれることもある。〔解深密経‐五〕
② 仏語。転じて、菩薩や鬼神、高僧などが人などの姿で現われたもの。
霊異記(810‐824)中「是れ化身の聖なり」
※高野本平家(13C前)六「件の入道はただ人にあらず。慈恵僧正の化身(ケシン)なり」
③ 歌舞伎などで、妖怪変化のこと。また、これに扮(ふん)する時に用いる隈取り。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化身」の用語解説はコトバンクが提供しています。

化身の関連情報

他サービスで検索

「化身」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.