Rakuten infoseek

辞書

化学繊維【かがくせんい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

化学繊維
かがくせんい
chemical fibre; manmade fibre
人造繊維ともいう。化学的に合成または加工してつくった繊維。無機人造繊維としては金属繊維,ガラス繊維,岩石繊維鉱滓繊維があり,再生人造繊維としては,セルロース系,蛋白質系があり,半合成繊維としてはアセテート,酢酸スフのようなセルロース系,合成繊維としては,ナイロンのようなポリアミド系,テトロン,テリレンのようなポリエステル系,サランのようなポリ塩化ビニリデン系,カシミロンのようなポリアクリロニトリル系のものなどがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かがく‐せんい〔クワガクセンヰ〕【化学繊維】
石油石炭などから化学的な合成や加工によって作られる繊維。無機繊維再生繊維半合成繊維合成繊維など。化繊。人造繊維。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

化学繊維
 天然繊維の対語で,化学的方法で作出した繊維.ビスコース繊維,ナイロン繊維,テフロン繊維,ガラス繊維など多くの繊維がある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かがくせんい【化学繊維 man‐made fiber】
天然繊維に対して人工的に作られる繊維の総称。略して化繊ともいう。人造繊維ともいうが,これは狭義には合成繊維を除いた人工的な繊維に使われる。化学繊維は,合成繊維,半合成繊維,再生繊維,無機繊維に分類される。表に化学繊維の分類を示す。
【歴史】
 繊維を人工的に作ろうというアイデアは古くからあったが,具体化されたのは19世紀に入ってからである。綿のような安価なセルロース系天然繊維から高級な絹に似た人工繊維(人造絹糸,略して人絹ともいう)を作ろうという努力が始まった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かがくせんい【化学繊維】
石炭・石油などの原料から化学的に合成、または天然繊維を化学的に加工して作った繊維の総称。合成繊維・半合成繊維・再生繊維・無機繊維など。化繊。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

化学繊維
かがくせんい
chemical fiber
天然繊維に対し人間が化学的手段を用いて形成する繊維で、人造繊維ともいう。ただし人造繊維という語を狭義に用いるときには、化学繊維のなかから合成繊維を除いたものをいう。
 狭義の人造繊維である再生繊維は、天然の高分子物質である繊維素(セルロース)をはじめ、動植物のタンパク質を人工的に変成して繊維の形にしたものであり、ビスコース法レーヨンやスフ(ステープルファイバー)、銅アンモニア法のキュプラ(日本での商品名ベンベルグ)や、牛乳のカゼインやダイズからの繊維などがある。
 合成繊維のうちの純合成繊維は、分子量の小さい化学物質を人工的に繊維を形づくる程度の高分子物質に合成し、繊維の形にしたもので、数多く発表されているが、ナイロン、芳香族ナイロン(アラミド繊維)、ポリエステル系繊維、アクリル系繊維、ポリビニルアルコール系繊維(ビニロン)などが生産量も多い。また、半合成繊維は、原料は天然高分子物質である繊維素を、化学薬品で処理して繊維素の化学的誘導体としてから繊維の形に紡糸したもので、代表的な製品にアセテートがある。
 無機質繊維は、プラスチックと組み合わせていわゆるFRP(Fiber Reinforced Plastics繊維含浸プラスチック、繊維強化プラスチックともいう)となる。金属に対抗するじょうぶなプラスチック材料であり、ガラス繊維、炭素繊維、炭化ケイ素繊維、ボロン(ホウ素)繊維、アルミナ繊維などが研究、実用化されており、その発展が著しい。[垣内 弘]
『大原総一郎著『化学繊維工業論』(1961・東京大学出版会) ▽H・F・マーク、S・M・アトラス編、石井欣造・温品謙二訳『化学繊維』1~3(1970、71・丸善) ▽日本化学繊維協会編・刊『日本化学繊維産業史』(1974) ▽安田武著『化学繊維――人類の夢に挑む高分子の科学』(1979・講談社) ▽大沼亥久三他編『繊維』3訂版(1986・東京電機大学出版局) ▽日本化学繊維協会編『化学繊維の実際知識』(1986・東洋経済新報社) ▽阿河利男他著『有機化学』第6版(1988・朝倉書店) ▽日本化学会編『一億人の化学6 ファッションと化学』(1992・大日本図書) ▽文化出版局編・刊『最新の衣料素材 化学繊維編』(1993) ▽桜内雄二郎著『プラスチック技術読本』全面改訂版(1993・工業調査会) ▽上野和義他著『繊維のおはなし――天然繊維から機能性繊維まで』(1998・日本規格協会) ▽日本化学繊維振興会編・刊『化学繊維振興会50年のあゆみ』(1999) ▽日本化学繊維振興会編・刊『日本化学繊維振興会創立50周年記念 化学繊維産業年表――50年のあゆみ』(1999) ▽井本稔著『化学繊維』改訂版(岩波新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かがく‐せんい クヮガクセンヰ【化学繊維】
〘名〙 化学的操作を施してつくられた繊維の総称。再生繊維、半合成繊維、合成繊維、無機質繊維に分類。化繊。
※現代経済を考える(1973)〈伊東光晴〉II「化学繊維の難点である染色がうまくいかず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

化学繊維
カガクセンイ
chemical fiber, manufactured fiber, man-made fiber

人造繊維ともいう.天然繊維に対し,人の手を加えて製造される繊維の総称で,再生繊維(再生セルロース繊維(レーヨン),再生タンパク繊維など),半合成繊維(酢酸セルロース繊維(アセテート),プロミックス繊維(シノン)など),合成繊維(ナイロン繊維,ポリエステル繊維,アクリル繊維など),無機繊維(ガラス繊維炭素繊維アルミナ繊維など),金属繊維(スチール繊維,アモルファス金属繊維など)などがある.ここで,ナイロン繊維,ポリエステル繊維,アクリル繊維は三大合成繊維とよばれている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学繊維」の用語解説はコトバンクが提供しています。

化学繊維の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.