Rakuten infoseek

辞書

化学熱傷【かがくねっしょう】

家庭医学館

かがくねっしょう【化学熱傷 Chemical Burn】
[どんな病気か]
 やけどの原因は火や熱湯ばかりではありません。特殊な原料や薬品を扱う工場などでは化学熱傷化学薬品によるやけど)がみられます。これらのやけどは、職業性のもので、アルカリによるものが多くみられます。
■酸による化学熱傷
 硫酸(りゅうさん)、硝酸(しょうさん)、塩酸、フッ化水素酸、フェノールがおもな原因物質です。これらをからだに浴びると、細胞が脱水や、たんぱく凝固をおこします。とくにフッ化水素は激しい反応をおこし、深部組織まで融解してしまい、激痛をともないます。
 治療は、まず速やかに大量の流水で洗い流し、つぎに重曹水(じゅうそうすい)で洗います。その後の治療は熱傷と同様です。
■アルカリによる化学熱傷
 苛性(かせい)ソーダ、苛性カリ、生石灰(せいせっかい)によるものが多くみられます。からだに浴びると脂肪の酸化、細胞からの吸水、たんぱくの溶解をおこします。痛みは酸より強いものです。
 治療は、まず流水で洗い流し、つぎに5%塩化アンモニウム液で洗った後、水洗いします。その後の治療は熱傷と同様です。なお、生石灰の場合は水洗いすると熱を発生しますので、粉末を払い落としてから水洗いします。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

デジタル大辞泉

かがく‐ねっしょう〔クワガクネツシヤウ〕【化学熱傷】
化学物質による皮膚粘膜損傷。皮膚に直接触れるほか呼吸による気道の粘膜損傷も含む。酸やアルカリなどの化学薬品によるものが多い。化学損傷薬傷化学火傷(やけど)。ケミカルバーン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かがくねっしょう【化学熱傷】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

六訂版 家庭医学大全科

化学熱傷
かがくねっしょう
Chemical burn
(皮膚の病気)

どんな病気か

 酸、アルカリなどの刺激性の化学物質が皮膚に付着したために起こる皮膚障害で、他の熱傷よりは深いものになりやすい傾向があります。

 一般的には、アルカリによるもののほうが酸によるものよりも深い部分にまで症状が出やすいようです。

症状の現れ方

 化学物質によって受傷部の色調は異なり、硫酸(りゅうさん)は褐色、塩酸や硝酸(しょうさん)は黄色を示します。強酸では深いものとなりやすく、広範囲に強酸による受傷がある場合は、腎臓や肝臓の機能障害が現れる場合があります。アルカリによるものでは、蛋白融解(ゆうかい)作用によって受傷部は白色から褐色となって軟らかくなります。

 灯油がついた衣服を着ていて起こる灯油皮膚炎では、通常は発赤(ほっせき)小水疱(しょうすいほう)、びらんなどの浅い熱傷の症状になります。

検査・治療の方法

 熱傷に準じた検査を行います。

 基本的には熱傷の治療と同じですが、化学熱傷では深いものとなりやすく、壊死(えし)組織の除去や皮膚移植が必要となりやすい傾向があります。

応急処置はどうする

 化学物質が手につかないように気をつけながら、ただちに布類でやさしくふき取ってから、大量の水で洗い流すことが大切です。ただし、生石灰の場合は、水と反応して熱を出すので注意が必要です。

 中和を考えて、薬剤をさがすような時間をかける必要はありません。また、中和剤によってかえって受傷する場合もあります。

堀川 達弥

出典:法研「六訂版 家庭医学大全科」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学熱傷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

化学熱傷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.