Rakuten infoseek

辞書

勧善懲悪【カンゼンチョウアク】

デジタル大辞泉

かんぜん‐ちょうあく〔クワンゼン‐〕【勧善懲悪】
善事をめ、悪事らすこと。特に、小説芝居などで、善玉最後には栄え、悪玉は滅びるという筋書きによって示される、道徳的な見解にいう。勧懲

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

勧善懲悪
《The Promotion of Virtue and Prevention of Vice》パキスタン(連邦直轄部族地域カイバル地区)で活動するスンニ派イスラム過激組織。2003年結成。タリバン支持勢力のひとつとされる。2008年、政府により非合法化。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんぜんちょうあく【勧善懲悪】
善事,善行を勧め,悪事,悪行をうちこらすこと。儒教および仏教の思想にもとづく通俗的な道徳思想。何が〈〉であり,〈悪〉であるかについての根元的な考察を欠くが,《湖月抄》(北村季吟著)のような注釈書までが,《源氏物語》の意義を〈勧善懲悪〉に求めたことにも知れるように,江戸時代にあっては,ひろく大衆を思想的に啓発し,嚮導(きようどう)する文学・演劇が,基本的に持つべきとされる,文学的原理であった。曲亭馬琴にいたり,この勧懲原理は,〈弱きを助け,強きをくじく〉義俠の思想と結びつき,善悪邪正が葛藤し角逐しあう伝奇的長編小説のなかに,民衆が待望する理想的英雄像をつくる,有効な小説原理となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんぜんちょうあく【勧善懲悪】
善をすすめ、悪をこらしめること。勧懲。 → 勧懲小説

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

勧善懲悪
かんぜんちょうあく
善を勧め悪を懲らすの意。物語などでは「善人栄え、悪人滅ぶ」式の結末をもつ筋立てとなる。出典は中国の『左伝』の「懲悪而勧善」などに求められる。日本では、儒教思想、とくに朱子学の流れをくむ文学観に、仏教の因果応報思想が結び付き、江戸時代後半の小説や演劇などの創作態度や道徳観として現れた。明治になり、曲亭馬琴の勧懲主義を批判して、坪内逍遙(しょうよう)は人情の模写を小説の第一義の目的とした。[浅井 清]
『中村幸彦著『戯作論』(1966・角川書店) ▽中村幸彦著『近世文芸思潮攷』(1975・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんぜん‐ちょうあく クヮンゼン‥【勧善懲悪】
〘名〙 善行を賞し勧め、悪行を戒め懲らすこと。勧懲。
※応永本論語抄(1420)為政第二「左伝は勧善懲悪(テウあく)を以て、本とす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勧善懲悪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

勧善懲悪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.