Rakuten infoseek

辞書

勧告【かんこく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

勧告
かんこく
一定の事項について,相手方に一定の措置をとることをすすめ,または促す行為。 (1) 労働関係調整法 26条に調停案受諾の「勧告」という言葉があるが,この用語法からもわかるように,勧告とは,相手方がその内容を自発的に受入れることを前提とするものであって,相手方を拘束する力までもつものではない。 (2) 人事院勧告人事院人事行政などに関し,関係行政機関,国会,内閣に対して勧告することをいう。 (a) 人事行政の改善に関する勧告,(b) 国家公務員法の勤務条件の変更に関する勧告,および (c) 国家公務員の給与の変更に関する勧告 (国家公務員法 22,28,88) などがある。このうち,一般には (c) の勧告が最も重要視されており,単に人事院勧告という場合にはこれをさす。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐こく〔クワン‐〕【勧告】
[名](スル)ある行動をとるように説きすすめること。「辞職を勧告する」「人事院勧告

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんこく【勧告】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんこく【勧告】
( 名 ) スル
ある事をするように説きすすめること。 「辞職を-する」 「 -に従う」
行政機関が参考として提出する意見。私人に対する行政指導の一方法として、あるいは他の行政機関に対する参考意見として提示される。法的拘束力はないが事実上、ある程度の強制力をもつ。 「人事院-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

勧告
かんこく
行政機関が、相手方の任意の協力同意を得て、その意思を実現しようとする行為。その性質については、法的拘束力をもたない非権力的行政作用であり、また、相手方に対して直接になんらの法的効果を伴わない事実行為である。行政指導の一種である勧告は、行政手続法による統制の対象である。勧告は、その相手方との関係で、行政機関相互間におけるものと、行政機関が私人(個人・法人)に対して行うものに分けられる。大気汚染防止のための環境大臣による排出基準変更勧告(大気汚染防止法5条)など法令上の根拠をもつものもあるが、法令上の根拠をもたず、行政機関の所掌事務の範囲内で行われるものが多い。勧告の内容は、違法、不当な行為の防止、紛争の解決、利害調整、技術勧告など多様である。[平田和一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐こく クヮン‥【勧告】
〘名〙 ある行動をとるように説きすすめること。また、指揮命令の関係のない行政機関が、互いに自主性を尊重しつつ、相手の機関の任務達成について、専門的立場からの意見を提供すること。「人事院勧告」
※条約改正論(1889)〈田口卯吉〉「私は大同団結の重なる人に向ひて小異を捨てて大同に一致することを勧告せねばなりません」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勧告」の用語解説はコトバンクが提供しています。

勧告の関連情報

他サービスで検索

「勧告」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.