Rakuten infoseek

辞書

【キン】

デジタル大辞泉

きん【勤】[漢字項目]
[音]キン(漢) ゴン(呉) [訓]つとめる つとまる いそしむ
学習漢字]6年
〈キン〉
力を尽くしてつとめはげむ。「勤勉勤労精勤忠勤
勤め先で仕事をする。勤め。「勤続勤務皆勤外勤欠勤在勤出勤常勤退勤通勤転勤夜勤
(「覲(きん)」の代用字)天子や主君にお目にかかる。「参勤
〈ゴン〉つとめはげむ。特に、仏のためのお勤め。「勤行(ごんぎょう)恪勤(かくごん)
[名のり]いそ・いそし・つとむ・とし・のり

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ごん【勤】[漢字項目]
きん

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いそし【勤】
〘形シク〙
① よく勤め励んでいる。勤勉だ。
万葉(8C後)四・七八〇「黒木取り草(かや)も刈りつつ仕へめど勤(いそしき)わけと誉(ほ)めむともあらず」
源氏(1001‐14頃)行幸「いとかやすくいそしく〈略〉宮仕へしありきて」
② 忙しい。せわしい。
山家集(12C後)下「海士(あま)人のいそしく帰るひじきものはこにし蛤(はまぐり)寄居虫(がうな)細螺(しただみ)
※読本・南総里見八犬伝(1814‐42)二「心いそしく来て見れば」
[語誌]「万葉‐七八〇」などの例から見ても、古くは精勤のさまをいったと考えられる。室町期の古注釈「源氏和秘抄」では、「源氏‐行幸」のこの部分を「いそしく いそがしくなり」と注しており、この頃にはすでに②の忙しいの意が中心であったことが知られる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いそし‐・む【勤】
〘自マ五(四)〙
① 心をこめて勤め励む。
※書紀(720)持統六年六月(寛文版訓)「大内の陵を造りし時に勤(イソシ)みて」
② 物事を毎日規則的に励み行なう。
※苦の世界(1918‐21)〈宇野浩二〉一「労働にいそしんでゐる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つとま・る【勤】
〘自ラ五(四)〙 勤めることができる。勤めおおせる。職務に堪えられる。
※浮世草子・傾城禁短気(1711)二「衣裳なくて、芝居のつとまらぬ事を思ひやり」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「私のやうな、おてんばなぞんざい者は、御奉公が勤(ツトマ)りさうもないねヱ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

勤の関連情報

他サービスで検索

「勤」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.