Rakuten infoseek

辞書

勤労感謝の日【きんろうかんしゃのひ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

勤労感謝の日
きんろうかんしゃのひ
1948年に制定された国民の祝日の一つ。 11月 23日で,その年の新穀を天地の神に供え,天皇みずからも食する儀式の旧新嘗祭 (にいなめさい) を改めたもの。呼称はアメリカの感謝祭 Thanksgiving Dayにならったものといわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きんろうかんしゃ‐の‐ひ〔キンラウカンシヤ‐〕【勤労感謝の日】
国民の祝日の一。11月23日。国民勤労を尊び、生産を祝い、互いに感謝し合う日。もとの新嘗祭(しんじょうさい)にあたる。昭和23年(1948)制定。 冬》
[補説]書名別項。→勤労感謝の日

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きんろうかんしゃのひ【勤労感謝の日】[書名]
絲山秋子中編小説。平成16年(2004)発表。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビジネス用語集

勤労感謝の日
勤労感謝の日とは、国民の祝日のことをいい、
毎年11月23日が勤労感謝の日にあたります。

勤労感謝の日は、「勤労をたっとび、生産を祝い、
国民たがいに感謝しあう」という精神のもと1948年に制定されています。

もともとの起源は戦前の新嘗祭(にいなめさい)であり、
稲の収穫を感謝する儀礼であったとされています。

出典:転職.jp

日本文化いろは事典

勤労感謝の日
11月23日は「勤労を尊び、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう日」と1948年に法律で定められました。

出典:シナジーマーティング(株)

世界大百科事典 第2版

きんろうかんしゃのひ【勤労感謝の日】

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

きんろうかんしゃのひ【勤労感謝の日】
国民の祝日の一。11月23日。勤労をたっとび、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう日。もと、新嘗祭にいなめさい[季] 冬。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

勤労感謝の日
きんろうかんしゃのひ
11月23日。「勤労をたつとび、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう」国民の祝日。1948年(昭和23)制定された。その前は国の祭日で、天皇が新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に勧め、自らも食する新嘗祭(にいなめさい)という祭事の日であった影響でこの日はいまも農業関係者の祭典の色彩が濃くみられる。[森脇逸男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勤労感謝の日」の用語解説はコトバンクが提供しています。

勤労感謝の日の関連情報

関連キーワード

新藤兼人木下恵介エレクトロニクス史(年表)民主自由党[日本]市川崑北朝鮮斎藤寅次郎戦争文学ヒューストン(John Huston)ベルイマン(Ingmar Bergman)

他サービスで検索

「勤労感謝の日」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.