Rakuten infoseek

辞書

勢子船【セコブネ】

デジタル大辞泉

せこ‐ぶね【勢子船】
江戸時代、に追い込み、もりを打つ役をした船。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せこぶね【勢子船】
捕鯨に使った船の一種。鯨を追い、銛もりを打つ役をするためのもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せこ‐ぶね【勢子船】
〘名〙 江戸時代捕鯨用漁船の一種。鯨を網に追い込み、銛(もり)で突く作業をするため、通常八挺櫓の軽快な小船を用いる。
※土佐国捕鯨説‐鯨魚捕術の事「勢子船数艘馳て取巻く」
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉六六「彦右衛門二十七歳の声かかるとき羽指となって初めての船出〈略〉勢子船(セコブネ)の上に居て浪風に揺らるるとも」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勢子船」の用語解説はコトバンクが提供しています。

勢子船の関連情報

他サービスで検索

「勢子船」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.