Rakuten infoseek

辞書

勝色【かちいろ】

色名がわかる辞典

かちいろ【勝色】
色名の一つ。褐色とも書く。JISの色彩規格では「暗いみの」としている。一般に、灰色がかった濃い青のこと。「勝」は勝負に勝つという意味合いから付けられた名で、軍ぐん勝色という表記もある。「褐」はなど粗い繊維で織った布をさし、平安時代の下級武官が着る装束をかちえといった。褐衣には数種の色があり、その中に灰色がかった濃い青もあった。これらの背景から、戦の服装や武具に多く用いられた色と考えられている。平安、鎌倉、江戸、明治と時代の流れのなかで、少しずつ意味づけされてきた可能性が高い。軍勝色がもっとも新しく、明治時代命名とされる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かち‐いろ【勝(ち)色】
戦いに勝ちそうなようす。⇔負け色
褐色(かちいろ)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勝色」の用語解説はコトバンクが提供しています。

勝色の関連情報

関連キーワード

環境JIS学校用家具国際計量計測用語JISJIS漢字水準旧JISJIS X0221マンセル表色系新JIS試薬

他サービスで検索

「勝色」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.