Rakuten infoseek

辞書

勝山藩〈美作国〉【かつやまはん】

藩名・旧国名がわかる事典

かつやまはん【勝山藩〈美作国〉】
江戸時代美作(みまさか)国真島(まじま)郡勝山(現、岡山県真庭(まにわ)市勝山)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は明善館。出雲街道の要所であるこの地は、南北朝時代から三浦氏の領地であったが、三浦氏が毛利氏に追われたあとは、森氏が支配し、1697年(元禄10)の森氏改易(かいえき)後は天領となっていた。1764年(明和(めいわ)1)、三浦明次(あきつぐ)が三河(みかわ)国西尾藩から2万3000石で転封(てんぽう)(国替(くにがえ))して立藩。以後明治維新まで、鉄鉱山経営を藩財政の柱に、三浦氏10代が続いた。1869年(明治2)に真島藩と改称、71年の廃藩置県真島県となり、その後、北条県を経て76年岡山県に編入された。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勝山藩〈美作国〉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

勝山藩〈美作国〉の関連情報

他サービスで検索

「勝山藩〈美作国〉」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.