Rakuten infoseek

辞書

勝山藩〈安房国〉【かつやまはん】

藩名・旧国名がわかる事典

かつやまはん【勝山藩〈安房国〉】
江戸時代安房(あわ)国平(へい)郡勝山(現、千葉県 鋸南(きょなん)町)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は育英館。1622年(元和(げんな)8)に徳川家譜代の家臣内藤清政(きよまさ)が3万石で入封(にゅうほう)、立藩した。翌年、無嗣(むし)のまま清政が亡くなったため、一時廃藩となった。68年(寛文(かんぶん)8)、酒井忠国(ただくに)が、叔父忠直(ただなお)(若狭(わかさ)国 小浜(おばま)藩主)の領地のうち、当地と越前(えちぜん)国内合わせて1万石を分与され、当地に入封、再立藩した。以後明治維新まで9代続いた。忠国は寺社奉行に昇進して1万5000石になった(のち相続の際の分与があり1万2000石に)。1869年(明治2)に加知山(かちやま)藩と改称したが、71年の廃藩置県で加知山県となり、その後、木更津(きさらづ)県を経て73年千葉県に編入された。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勝山藩〈安房国〉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

勝山藩〈安房国〉の関連情報

関連キーワード

キリシタン関係主要人名徐鴻儒スピノラスマラガ財政投融資日立製作所福山港アダムシャール安東省庵上田城

他サービスで検索

「勝山藩〈安房国〉」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.