Rakuten infoseek

辞書

勘所【かんどころ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

勘所
かんどころ
日本音楽の用語。「感」とも書く。三味線一弦琴二弦琴などの弦楽器で,弦を押えて音高を定める位置 (ポジション) のこと。ツボ,カンツボともいう。楽器,種目,流派によって所のそれぞれに,特定の呼称がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐どころ【勘所/甲所/肝所】
三味線などで、音調を整えるために指で弦を押さえるところ。つぼ。
はずすことのできない大事なところ。肝心なところ。急所。「―を心得た仕事ぶり」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんどころ【勘所】
邦楽用語。弦楽器を演奏するとき,弦の振動する長さを加減して音高の上下を調節するために指で押さえる位置のこと。〈つぼ〉ともいう。三味線,胡弓,一弦,二弦琴など楽器の種類によって,それぞれの勘所に特定の名称がある。勘所を示すことを中心に記譜された楽譜を勘所譜といい,義太夫節ではという。洋楽のポジションに当たるが,この語はトロンボーンなど弦楽器以外でも用いる。【植田 隆之助】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

勘所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

勘所の関連情報

他サービスで検索

「勘所」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.