Rakuten infoseek

辞書

動脈管【どうみゃくかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

動脈管
どうみゃくかん
arterial duct; ductus arteriosus
ボタロ管ともいう。胎生期に肺動脈と大動脈を直結している管。胎児の肺は呼吸作用を行わないので,右心室から出た血液の大部分は肺を通らず,この動脈管を通って大動脈に直接流入する。ほとんどの場合,動脈管は生後1ヵ月以内に自然に閉鎖し,動脈管靭帯となる。ボタロはイタリアの外科医 (1530~?) 。 (→胎循環 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

どうみゃく‐かん〔‐クワン〕【動脈管】
胎児期にみられる、肺動脈大動脈をつなぐ血管。胎児は肺で呼吸をしていないため、右心室から肺動脈に送り出される血液の大部分は、肺を通らず、動脈管を通って直接大動脈に流れ、全身に送られる。出生後、肺呼吸が始まると自然に閉鎖し、動脈管索と呼ばれる結合組織性の索となる。発見者の名からボタロー動脈管ボタロー管とも。→胎児循環動脈管開存症

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どうみゃくかん【動脈管】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

動脈管」の用語解説はコトバンクが提供しています。

動脈管の関連情報

他サービスで検索

「動脈管」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.