Rakuten infoseek

辞書

動脈硬化【ドウミャクコウカ】

デジタル大辞泉

どうみゃく‐こうか〔‐カウクワ〕【動脈硬化】
動脈硬化症」の略。
考え方感受性などが柔軟でなくなるたとえ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

動脈硬化
 動脈が固くなることで,血栓などを起こしやすい状態を作る.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生活習慣病用語辞典

動脈硬化
動脈の壁にコレステロールなどの脂肪を含む物質が沈着し、血管が狭くなったり、固くなったりして弾力が失われた状態。このため、血液の流れが悪くなり、血管の弾力性が失われ固くなるため血管がもろく壊れやすくなります。全身どの動脈にも発生します。

出典:あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)
Copyright (c) 2008-2010 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どうみゃくこうか【動脈硬化 arterial sclerosis】
動脈壁の肥厚,硬化,構造変化,機能低下による動脈病変の総称。動脈硬化が進むと血流が妨げられたり,血管壁の壊死によって出血するなど,循環障害を起こし,また脳動脈硬化は脳卒中(脳出血や脳梗塞(こうそく)),冠状動脈硬化は虚血性心疾患などの原因となる。
[動脈硬化の分類]
 動脈硬化は病理形態学的には粥状硬化,中膜硬化,小・細動脈硬化の3型に分類される。(1)粥状硬化 アテローム硬化ともいう。3型のうち最も多くみられ,脳,心臓,末梢血管の循環障害をひき起こし,脳卒中や虚血性心疾患などの原因となるので,臨床上重要である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

どうみゃく‐こうか ‥カウクヮ【動脈硬化】
〘名〙
※真理の春(1930)〈細田民樹〉手形の手品師「動脈硬化(ドウミャクカウクヮ)を進ませまいとして」
② 物の流れが悪くなった状態。転じて、物の考え方や感受性などに柔軟なところがなくなっている状態。
※芸術・歴史・人間(1946)〈本多秋五〉四「彼等の多くはすでに覆(おほ)ひがたい動脈硬化の兆候を見せてゐる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動脈硬化」の用語解説はコトバンクが提供しています。

動脈硬化の関連情報

他サービスで検索

「動脈硬化」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.