Rakuten infoseek

辞書

動物岩【ドウブツガン】

デジタル大辞泉

どうぶつ‐がん【動物岩】
生物岩の一。動物の遺体骨片外殻分泌物などによってできた堆積(たいせき)岩。サンゴ石灰岩など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

動物岩
動物によって作られた岩石,または動物の存在による可能性のある岩石.珊瑚礁グアノ,石灰質ウッズなどがある[Naumann : 1849, 1858, Renevier : 1882].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どうぶつ‐がん【動物岩】
〘名〙 生物岩の一つ。動物の遺骸や分泌物が堆積してできた岩石。ウミユリ石灰岩・サンゴ石灰岩・放散虫岩など。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動物岩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

動物岩の関連情報

他サービスで検索

「動物岩」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.