Rakuten infoseek

辞書

動圧【どうあつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

動圧
どうあつ
dynamic pressure
ベルヌーイの定理における流体運動エネルギーを表わす ρq2/2 (ρは流体の密度,q は流速) を動圧という。ベルヌーイの定理によれば,1本の流線に沿って,動圧と静圧と流体の位置エネルギーとの和は一定に保たれるので,これらの3つの「圧力」は互いに交換可能である。ピトー管はこの原理を利用して流れの速さを測るものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

どう‐あつ【動圧】
流体中、流れに対して垂直に置いた障害物に作用する圧力。流体の単位体あたりの運動エネルギーに相当し、流体の速度の2乗と流体の密度との積の2分の1。動圧力。⇔静圧

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

どうあつ【動圧】
運動している流体の圧力と静圧との差。運動を止めることによって起こる圧力上昇を示す。流体の単位体積あたりの運動エネルギーに相当する。ピトー管によって測定される。 ⇔ 静圧

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

動圧
どうあつ
速さvで流れている流体を考える。壁でその流れをせき止めたとき、壁にかかる圧力は、流体が静止しているときにもともともっていた圧力p(これを静圧という)と、速さvで動いていた運動エネルギー分の圧力(これを動圧という)との和となる。この流れをせき止めた点に働く圧力を総圧、またはよどみ圧という。管を流れに向けて総圧を測るようにくふうされたものがピトー管である。[池内 了]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どう‐あつ【動圧】
〘名〙 流れている流体の示す総圧力のうち、流れの方向に垂直においた障害物のうける圧力。流体の単位体積あたりの運動エネルギーに相当する値をもち、密度をρ、速度をνとすると、その大きさは½ρν2となる。⇔静圧

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動圧」の用語解説はコトバンクが提供しています。

動圧の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.