Rakuten infoseek

辞書

効用【こうよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

効用
こうよう
utility
消費者が,自己の消費するから受ける満足の度合いを数量的に表現したもの。同じ財から得られる効用は,消費者ごとに異なる主観的なものである。各消費者の効用は各種の財の消費量に依存しており,両者の関係,すなわち消費者の選好効用関数で表わされる。この効用関数が,任意の単調増加関数によって変換されても同じ選好関係を表現するならば,このときの効用概念は選好の序列をもつものとなり,序数的効用と呼ばれる。また,同一の選好関係を表現する効用関数の変換が限定されており,効用は基数的に測定できるものとされる場合には,これを基数的効用という。効用をもって個人の財に対する満足度を表現し,需要のミクロ的基礎づけを行う理論が展開されたのは限界革命以後であるが,それ以前にも H.ゴッセンらによって法則化されていた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう‐よう〔カウ‐〕【効用】
使いみち。用途。「うその効用
ききめ。効能。「薬の効用
経済学で、消費者が財やサービスを消費することによって得る主観的な満足の度合い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうよう【効用 utility】
個人や家計は,みずからの欲望や好みにもとづいて,経済活動の最終的な成果である財やサービスを選択し消費する。この消費する主体にとっての,欲望充足の度合の主観的測度を効用と呼ぶ。いいかえれば,欲望・嗜好を充足させる財・サービスの消費者にとっての使用価値,ないしは有用性ということになる。効用は,消費対象に内在する固有の性質だけでなく,消費主体によるその対象物の評価によって大きさが決まるため,しばしば主観的価値とも呼ばれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうよう【効用】
ききめ。効能。 「薬の-」
使い道。 「鉄の-は大きい」
〘経〙 財やサービスが消費者の欲望を満足させる度合。 → 限界効用

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

効用
こうよう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐よう カウ‥【効用】
〘名〙
① その物の使いみち。その物を使う方法。用途。
※寧馨児(1894)〈石橋思案〉九「諸器械の雛形を携へて、諸人縦覧せしめ、其効用(カウヨウ)を説明(ときあか)さん為に」 〔尉繚子‐武議〕
② ききめ。効果。功能。効験
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉はしがき「人の気格を高うすてふ自然の効用(カウヨウ)のなからずやは」
③ 個々の人間が財貨用役に対して感ずる主観的な欲望充足の度合い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

効用」の用語解説はコトバンクが提供しています。

効用の関連情報

他サービスで検索

「効用」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.