Rakuten infoseek

辞書

労苦【ロウク】

デジタル大辞泉

ろう‐く〔ラウ‐〕【労苦】
[名](スル)心身が疲れ苦しい思いをすること。苦労すること。「労苦に報いる」
「隣の下駄職の―する光景(さま)も見える」〈藤村

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ろうく【労苦】
( 名 ) スル
(仕事や研究について)骨折ったり心配したりして努力すること。骨折り。苦労。 「長年の-に報いる」 「技芸は…-するに由て、進益の功を得べくして/西国立志編 正直」 〔類義の語に「苦労」があるが、「苦労」は困難な中で、あれこれと苦しい思いをすることの意。「労苦」と同様にも用いる。それに対して「労苦」はある仕事や研究に対して払う実際的な精神的・肉体的負担を言う場合が多い〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ろう‐く ラウ‥【労苦】
〘名〙 からだや心が、疲れたり苦しい思いをしたりすること。骨折ったり心配したりすること。苦労
※田氏家集(892頃)上・晩秋陪右丞相開府賜飲、于時美作献白鹿「労苦挟州境遠、来呈上瑞聖君膺」
※史記抄(1477)一五「吏卒ともの労苦せる者にたへとをせられたれは」 〔詩経‐邶風・凱風〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

労苦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

労苦の関連情報

他サービスで検索

「労苦」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.