Rakuten infoseek

辞書

労働者災害補償保険法【ろうどうしゃさいがいほしょうほけんほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

労働者災害補償保険法
ろうどうしゃさいがいほしょうほけんほう
昭和 22年法律 50号。業務中に発生した傷病,廃疾,死亡についての補償を行う,いわゆる労災保険を規定する法律。労災保険制度は労働基準法の定める災害補償を確実に行わせるために設けられたものであるが,給付内容が労働基準法の水準を大きく上回って拡充されるとともに,障害補償年金や遺族年金制度,通勤災害に対する給付制度なども導入されて,社会保障の一環としての性格を強めている。また,この法律は補装具の支給やリハビリテーション施設の運営などを行う労働者福祉事業についても定めている。労災保険は政府が運営し,原則として全事業に強制適用される。労災保険に要する費用は事業主の負担する保険料と国庫負担金によっている。 (→災害補償 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

労働者災害補償保険法
労働者の業務上の事由又は通勤による労働者の負傷疾病、障害、死亡等に必要な保険給付を行い、当該労働者の社会復帰促進、その遺族の保護、適正な労働条件の確保等を目的とする法律(1947年4月制定、同9月施行)。2005年の労災事故による死者は、1948年に統計を取り始めて以降過去最少(1514人)を記録した。業種別では建設業製造業、陸上貨物運送業などでの事故が多い。
(桑原靖夫 獨協大学名誉教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

世界大百科事典 第2版

ろうどうしゃさいがいほしょうほけんほう【労働者災害補償保険法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

労働者災害補償保険法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

労働者災害補償保険法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.