Rakuten infoseek

辞書

労働契約法20条

朝日新聞掲載「キーワード」

労働契約法20条
パートや契約社員など有期契約で働いている人と、正社員など無期契約で働く人との間で、仕事の内容や責任などが同じならば、期間の定めがあることを理由に、賃金福利厚生などの労働条件に不合理な差をつけることを禁じる。昨年4月に施行された。
(2014-07-11 朝日新聞 朝刊 生活2)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

労働契約法20条
非正社員の待遇を改善するため、2013年4月に施行された改正労働契約法に盛り込まれた。パートや契約社員など有期契約で働く人と、正社員など無期契約で働く人の労働条件に不合理な差をつけることを禁じている。基本給だけでなく、手当や福利厚生も対象になる。不合理かどうかは、仕事の内容や責任の程度、配置転換人事異動有無などを考慮して判断する。
(2018-02-22 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

労働契約法20条
契約社員やパート、嘱託社員など非正社員の待遇を改善するため、2013年4月に施行された改正労働契約法に盛り込まれた。雇用期間の定めの有無で労働条件に不合理な格差をつけることを禁じている。不合理な格差にあたるかどうかは(1)仕事内容や責任の程度(2)配置転換の範囲(3)その他の事情――を踏まえて判断される。
(2018-04-21 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

労働契約法20条」の用語解説はコトバンクが提供しています。

労働契約法20条の関連情報

他サービスで検索

「労働契約法20条」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.