Rakuten infoseek

辞書

労働力調査【ろうどうりょくちょうさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

労働力調査
ろうどうりょくちょうさ
labour force statistics
国民の就業状態に関する調査。就業した産業,職業,就業時間などについて世帯の側から行う。日本では 1946年から総理府統計局 (現在は総務省所管) で毎月調査されている。調査期日は毎月末の1週間で,調査対象は全国の国勢調査から抽出された世帯およびその世帯に居住する者となっている。調査事項はその期間に就労したか否か,その時間,産業,企業規模などから成っている。この調査は調査期間についてだけのものなので,平常の就業・不就業状態を把握するために,別個に就業構造基本調査も5年ごとに行なっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ろうどうりょく‐ちょうさ〔ラウドウリヨクテウサ〕【労働力調査】
総務省統計局が毎月行う、就業・不就業の実態調査。全国約4万世帯の15歳以上の世帯員約10万人を対象とする。調査方法は調査員が調査票を配布、回収する。調査結果の就業者数・完全失業者数・完全失業率は翌月末に公表する。平成14年(2002)からは「詳細結果」として、正規・非正規の雇用者数、年齢階級別雇用者数、離職理由別完全失業者数などを四半期ごとに発表している。→労働力統計

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビジネス用語集

労働力調査
労働力調査とは、総務省が定期的に実施する雇用統計調査の1つです。

国内における就業及び不就業の状態を明らかにすることを目的としており、
外国政府の外交使節関係者、領事機関関係者、外国軍隊関係者を除く、
国内の全人口が対象となっています。

労働力調査では、一定の調査区域を選定し、
その中から4万世帯を抽出、それら世帯の15歳以上が調査対象となります。

調査にあたっては、
選定された調査区域に対して調査員が訪問し、調査票の記入を依頼します。
また後日、調査員が記入内容を検査した上で回収され、統計データが作られます。

出典:転職.jp

世界大百科事典 第2版

ろうどうりょくちょうさ【労働力調査】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

労働力調査」の用語解説はコトバンクが提供しています。

労働力調査の関連情報

他サービスで検索

「労働力調査」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.