Rakuten infoseek

辞書

劣化【レッカ】

デジタル大辞泉

れっ‐か〔‐クワ〕【劣化】
[名](スル)性能・品質などが低下して以前より劣ってくること。「画質が劣化する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

れっか【劣化 degradation】
材料は,熱,光,放射線,機械的摩擦,反復使用,化学薬品,微生物などの影響を受けて,変色したり,機械的強度が低下したり,亀裂を生じたり,軟化したり,もろくなったりして,ついには実用に耐えなくなることがある。このような現象を一般に劣化または老化という。劣化は,材料を構成している原子の集合体,分子およびその集合体の構造が変化し破壊されることによるもので,金属材料,無機材料,有機材料のいずれにおいても起こるが,化学反応性に比較的富む有機材料ではとくに多様な要因が複合的に働いて劣化が起こる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

れっか【劣化】
( 名 ) スル
(品質や性能などが)悪くなること。 「テレビの部品が-する」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

劣化
資料が,物理的,化学的,生物的要因から損傷を受けること.物理的要因による劣化とは,複写や不適切な排架などのために加わる物理的な力によって,資料が壊れることをいう.化学的要因としては,熱や光,酸やアルカリがあげられる.これらによって,資料を構成している物質が化学反応を起こし,紙資料の変色や退化,マイクロフィルムの酢酸臭などを引き起こす.また生物的要因としては,資料に発生するかびや虫などがある.資料の劣化は,これらが単一の要因,または複合的な要因となって引き起こされる.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

れっ‐か ‥クヮ【劣化】
〘名〙 経年変化などにより材質性能水準などが低下すること。
※経済実相報告書(1947)二「戦災戦時中の老朽劣化を回復するためには、〈〉線路施設に二五万瓲、車輌に五〇万瓲〈略〉の鋼材が必要である。」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

劣化」の用語解説はコトバンクが提供しています。

劣化の関連情報

他サービスで検索

「劣化」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.