Rakuten infoseek

辞書

加賀藩【かがはん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

加賀藩
かがはん
金沢藩」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藩名・旧国名がわかる事典

かがはん【加賀藩】
江戸時代加賀(かが)国石川郡金沢(現、石川県金沢市)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。加賀国、能登(のと)国越中(えっちゅう)国3ヵ国の大部分と近江(おうみ)国に102万5020石を有した大藩。「加賀百万石」と称され、外様でありながら、御三家に準ずる待遇を受けた。藩校は明倫堂(めいりんどう)(文学校)、経武館(けいぶかん)(武学校)。1581年(天正(てんしょう)9)に、藩祖前田利家(としいえ)織田信長(おだのぶなが)から能登1国を与えられたのが始まりで、その後、豊臣秀吉(とよとみひでよし)から83年、85年と加増された。その子利長(としなが)は1600年(慶長(けいちょう)5)の関ヶ原の戦いで徳川方についてさらに加増され、120万石に及んだ。その後、39年(寛永(かんえい)16)に3代藩主利常(としつね)が小松に隠居した際、次男利次(としつぐ)に富山藩10万石、3男利治(としはる)に大聖寺(だいしょうじ)藩7万石を分封(ぶんぽう)、加賀藩は103万石弱となった。以後その石高で明治維新まで14代が続いた。利常と5代綱紀(つなのり)は学問や工芸を奨励、利常のときにつくられた池と数寄屋は、12代斉広(なりなが)、13代斉泰(なりやす)の時代に大規模に造営され、回遊式庭園の兼六園(けんろくえん)が完成した。また綱紀は古今の和漢書を集め、尊経閣文庫(そんけいかくぶんこ)をつくった。1871年(明治4)の廃藩置県で金沢県となった。その後、大聖寺県、さらに新川(にいかわ)県と合併して旧3国に広がる石川県を構成したが、83年に越中4郡が分かれて富山県が設置され、現在の石川県域が確定した。◇金沢藩ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かがはん【加賀藩】
領主は外様大名前田氏。城地は加賀国金沢。加賀,能登,越中3ヵ国の大部分と近江国に102万5020石余を領知した大藩。1581年(天正9)藩祖前田利家は織田信長から能登国を給知されて七尾に居城し,83年に羽柴秀吉から加賀国北半を加増されて金沢城に入った。越中の佐々成政征伐のあと,長子利長とともに越中国を加封され,1600年(慶長5)2代利長は徳川家康から加賀国南半を増給された。ほかに1595年(文禄4)から近江国に二千数百石を領し約120万石に及んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

加賀藩
かがはん
江戸時代、加賀(石川県南部)、越中(えっちゅう)(富山県)、能登(のと)(石川県北部)3国にまたがる前田氏の所領。外様(とざま)藩。金沢藩ともいう。1583年(天正11)前田利家(としいえ)が能登23万石のほか、新たに石川、河北(かほく)2郡を豊臣(とよとみ)秀吉から与えられたことに始まる。その後、能美(のみ)、江沼(えぬま)2郡と石川郡松任(まっとう)4万石を除く加越能3国にわたる82万石余の大名となった。その子利長(としなが)は、1600年(慶長5)の関ヶ原の戦いに徳川方(東軍)として、小松城、大聖寺(だいしょうじ)城を攻撃し、西軍に対し前田氏東軍参加という心理的衝撃を与えた功により、119万2760石(寛永(かんえい)11年朱印状)の大大名となった。1639年(寛永16)3代藩主利常(としつね)は長子光高(みつたか)(4代藩主)に80万石を与えて本藩を相続、次子利次(としつぐ)に越中国婦負(ねい)郡10万石、三子利治に加賀国江沼郡7万石を与えて富山(とやま)藩、大聖寺藩を分藩、自らは越中新川(にいかわ)郡22万石の養老領をもって小松城に隠居した。1658年(万治1)利常の死により養老領は本藩領となり、102万5020石の大藩として藩末に至った。いわゆる「加賀百万石」である。
 17世紀なかば過ぎに改作法(かいさくほう)が施行された。目的とするところは年貢の増徴であるが、農政の基本として藩体制の確立に役だった。以降、加賀藩は主穀農業を藩是(はんぜ)とした。18世紀に入ると藩体制は動揺した。財政の窮乏により有名な「加賀騒動」が起こり、また、百姓一揆(いっき)、打毀(うちこわし)、騒擾(そうじょう)などが頻発した。加賀藩の被差別部落が法的に設定されたのも、このころである。財政・農村政策のうえから産業政策が推進されたが、藩是の主穀農業により失敗し、財政窮乏、騒擾は廃藩置県まで続いた。文化面では前田利常が学問、工芸を奨励、5代藩主綱紀(つなのり)も学者、文人を招き、尊経閣文庫(そんけいかくぶんこ)を創置し、細工所(さいくしょ)を拡充して王朝・桃山工芸を伝承、元禄(げんろく)工芸の一大コレクションである百工比照(ひゃっこうひしょう)を完成した。以後の文化政策にはみるべきものはないが、12代藩主斉広(なりなが)の竹沢御殿(たけざわごてん)と兼六園(けんろくえん)、13代藩主斉泰(なりやす)の巽(たつみ)御殿(成巽閣(せいそんかく))がある。藩御用職人の最後の仕事であった。[田中喜男]
『『新編物語藩史 第6巻』(1976・新人物往来社) ▽田中喜男著『加賀百万石』(教育社歴史新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加賀藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

加賀藩の関連情報

他サービスで検索

「加賀藩」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.