Rakuten infoseek

辞書

加藤シヅエ【かとう シヅエ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

加藤シヅエ かとう-シヅエ
1897-2001 昭和-平成時代の婦人運動家,政治家。
明治30年3月2日生まれ。大正3年男爵石本恵吉と結婚。8年渡米しM.サンガー共鳴,昭和6年日本産児調節連盟を設立した。女性解放運動を展開し,12年人民戦線事件で検挙される。19年加藤勘十再婚。21年女性初の衆議院議員(当選2回,社会党)。25年参議院議員(当選4回)。49年政界を引退し,日本家族計画連盟会長。63年国連人口賞。平成7年家族計画国際協力財団会長に就任。平成13年12月22日死去。104歳。東京出身。学習院女学部卒。旧姓広田本名は静枝。著作に「ひとすじの道」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

加藤シヅエ
1897〜2001(明治30年〜平成13年)【婦人運動家】女性解放に100才を越える人生を捧げた。 婦人運動家の草分け。昭和期の婦人運動家・政治家。旧姓広田。本名静枝。東京都出身。女子学習院卒。石本恵吉男爵と結婚後、夫が技師として勤める三池炭鉱に居住。そこで直面した多産と貧困の問題は彼女の一生のテーマともなった。1919年(大正8)渡米して婦人運動家マーガレット・サンガーに共鳴、帰国後「生めよ増やせよ」の時代に産児調節運動を開始し、34年(昭和9)東京東京都品川区に産児制限相談所を開設。第二次大戦後、46年に初の総選挙で再婚した加藤勘十(かんじゆう)とともに日本社会党から当選、婦人代議士第一号となった。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かとうしづえ【加藤シヅエ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かとうシヅエ【加藤シヅエ】
1897~2001 女性解放運動家・政治家。本名静枝。東京生まれ。女子学習院卒。マーガレット=サンガーの影響を受け、女性の地位向上に尽力した。46年(昭和21)、日本初の女性国会議員の一人となった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加藤シヅエ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

加藤シヅエの関連情報

関連キーワード

[各個指定]芸能部門アトリエ・ワン[各個指定]工芸技術部門マケドニア紛争危機藤本義一みかんぐみ西沢立衛ハディド奈良美智

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.