Rakuten infoseek

辞書

加美町【かみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

加美〔町〕
かみ
宮城県中西部にある町。鳴瀬川および支流の流域地区が大部分を占め,西部は山形県に接する。 2003年4月,中新田小野田宮崎の3町が合併し発足した。中世には大崎氏の支配を受け,戦乱の時代を経て伊達氏の藩政下に入る。このとき総検地が実施され,旧村 (27村) の原型が確立。明治の大合併,昭和の大合併を経たのち,現在の姿となる。米作,果樹栽培,酪農が盛ん。北西端にある魚取沼 (ゆとりぬま) のテツギョ (鉄魚) 生息地は天然記念物。仙台藩重臣奥山家家老の松本家住宅が重要文化財として残る。国道 347号線,457号線が通る。面積 460.67km2。人口 2万3743(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加美町」の用語解説はコトバンクが提供しています。

加美町の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.