Rakuten infoseek

辞書

加羅【から】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

加羅
から
Kara
古代朝鮮の地域名,国名。朝鮮半島南部の状態について最も詳細に記述した最初の文献『三国志魏志東夷伝によれば,古代の南朝鮮地方には諸国が分立していたという。この「」は「から」を音訳した漢字と解釈されているが,その原義については異説多く不明である。加羅諸国のなかで代表的なものは南北2国あり,南がいわゆる任那諸国の原体ともいうべき国で,「任那加羅」あるいは「南加羅」,または「金官加羅」 (伽落または伽洛とも記す) ともいう。洛東江下流,現慶尚南道金海付近を中心とした国で任那諸国のなかで有力な国であったが,新羅が台頭すると法興王 19 (532) 年,金官国王は新羅に投降し併合された。北方の代表的な国は,単に「加羅」ともいうが「高霊加羅」あるいは「大加耶」「大加羅」などと呼称された国で現慶尚南道高霊付近を中心としたが,『三国史記』によれば 562年残存の任那諸国とともに新羅の真興王に併合された。これが『日本書紀』に伝える「任那の滅亡」である。なおこの南北2つの加羅国はそれぞれ独自の伝承をもつ点でも注目される。また「任那加羅」という名称は有名な「広開土王碑」文に現れている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

から【加羅/伽羅】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

から【加羅 Kara】
朝鮮古代の国名。別名は伽耶をはじめ加耶,伽倻,加良,駕洛,任那など多数あるが,いずれも同じ国名を異なる漢字で表記しようとしたためである。加羅の用法には広狭二様あり,加羅諸国全体をさす広義と,加羅諸国中の特定の国(金海加羅高霊加羅)を呼ぶ狭義とがある。日本ではこのほか韓(から)と呼び朝鮮古代の諸国を,唐(から)と呼んで海外すべてを指すこともある。広義の加羅諸国も,時代により変動し,洛東江下流域を中心に,ときに中流域まで及んでいる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

加羅
から
古代の朝鮮半島南部にあった小国家群の総称。伽耶(かや)とも書く。馬韓(ばかん)、辰韓(しんかん)と並ぶ三韓の一つの弁韓(べんかん)の12国を母体とする。4世紀初め、中国の郡県支配が弱まると、馬韓と辰韓は自立して百済(くだら)と新羅(しらぎ)を形成したが、その間にある弁韓の諸国は国家の形成が遅れた。「好太王碑」や『宋書(そうじょ)』倭国(わこく)伝が伝えるように、日本の圧迫を受けたためであろう。これが『日本書紀』に詳しく伝える任那(みまな)である。この加羅(任那)諸国は、百済、新羅の発展に押されてしだいに縮小し、512年に西部の下(アルシタリ)、上(オコシタリ)ほかの4県を百済が併合、532年には南部の金官加羅国が新羅に投降、また562年には洛東江(らくとうこう)流域の加羅諸国を新羅が併合して、加羅の勢力は滅んだ。[浜田耕策]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加羅」の用語解説はコトバンクが提供しています。

加羅の関連情報

他サービスで検索

「加羅」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.