Rakuten infoseek

辞書

功過格【こうかかく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

功過格
こうかかく
Gong-guo-ge
中国の道徳書。「」とは善行,「」とは行為を意味する。日常のすべての行為をと悪に分類し,それを点数という形で数量化して示して,それによって善悪の点数計算を行う書。現存する最古のものは,金の大定 11 (1171) 年の『太微仙君功過格』であるが,民衆一般に広まったのは,明末以降である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうか‐かく〔コウクワ‐〕【功過格】
道教で、日常的な行為をすべて功(善行)と過(悪行)に分け、その善悪の大きさをそれぞれ点数化して示した道徳実践のための指導書。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうかかく【功過格 Gōng guò gé】
中国の日常的な実践道徳を具体的に示した書。善書(勧善の書)の一つ。書中に分類列挙された規準となるべき行為の項目を格と称し,巻末の月日ごとに区切られた1年間分の点数記入一覧表を格図とか格目之図とか称し,この書を功過格と称した。日常的な行為を功(善)と過(悪)に分類して,その行為の一つ一つに点数を与え,一功(プラス1点)とか一過(マイナス1点)とかとする。これに従って,毎日就寝前にその日の行為に基づいて自己採点をし,月末に小計し年末に総計算を行う。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうかかく【功過格】
中国、民間で行われた善行を勧めるための道徳律。人の行為を功(善)と過(悪)に分類・計量化し、それによって天の賞罰がくだるとされた。また、それを載せた書(善書)。宋代以降盛行した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

功過格
こうかかく
道教の書。儒仏道の教義に基づいた格(道徳規準)に照らして、自己の行為を採点し、功(善行)と過(罪悪)とに分類して表にする書物で、「善書」(勧善懲悪の書)の一種。感得し撰述(せんじゅつ)した人物によって満点数を異にし、採点の方法も各条ごとのものや、一括提示など異なっている。たとえば、「故(ことさら)に人の性命を傷殺するを百過と為(な)す」(『太微仙君(たいびせんくん)功過格』)、「一功――敬を致し養を尽す。疾(やまい)に侍するに父母の如(ごと)し……」(『功過格輯要(しゅうよう)』)のごとくである。採点記号は、一功が、十功が、一過が×、十過が*などである。功過の語は古く職務上の能力に用いられたが、道徳と結び付けたのは、葛洪(かっこう)(283―343?)の『抱朴子(ほうぼくし)』「対俗篇微旨篇(たいぞくへんびしへん)」が初めといわれる。彼は、天地の神や身中の三尸(さんし)の鬼神が人の罪過に従って奪紀奪算(寿命の減少)をすると説く。金の1171年(大定11)ころに自己採点の又玄子(ゆうげんし)撰『太微仙君功過格』が世に出た。これが現存最古のものであり、仏教の影響などで葛洪以後このころまでに採点の主体が変化した。16世紀の袁了凡(えんりょうぼん)の『陰隲録(いんしつろく)』、雲棲(うんせい)の『自知録』、雲谷(うんこく)の『功過格』が有名である。日本への伝来は不明であるが、江戸時代には広瀬淡窓らの学者や、農民にまで利用された。[宮澤正順]
『『道教聖典』(1924・世界文庫刊行会) ▽吉岡義豊著『道教と仏教 第二』(1970・豊島書房) ▽酒井忠夫著『中国善書の研究』(1960・国書刊行会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうか‐かく コウクヮ‥【功過格】
〘名〙 中国の道教で民衆教化のために作った行為の善悪を定める道徳規準。また、その書。人の行為を功(善)と過(悪)とに分け、さらに功過の大小によって点数がついている。日常の行為のひとつひとつがそこに示された点数によってプラスあるいはマイナスとして集積され、それによって天の賞罰が施されるとする。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

功過格」の用語解説はコトバンクが提供しています。

功過格の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.