Rakuten infoseek

辞書

劒神社【つるぎじんじゃ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

劒神社
つるぎじんじゃ
福井県越前町にある旧国幣小社。祭神はスサノオノミコトでケヒノオオカミを配祀する。古代の事歴は明らかでないが,地方の有力な寺社として早くから知られていた。鎌倉時代の初め,建保6 (1218) 年より七條院御領となり,次いで安貞2 (1228) 年より門跡寺院の妙法院の支配を受けた。室町時代には守護斯波氏,朝倉氏の崇敬を受け,天正の頃には織田信長の保護を得て発展した。織田氏は天正4 (1576) 年に神領の検地を行ない,1489石3斗を寄進し,また社殿を造立した。二宮と称し江戸時代には一時期社勢は衰えるが,福井藩および大野主の崇敬を得,また伏見宮家の祈願所としても栄えた。神護景雲4 (770) 年9月 11日のをもつ劒御子神宮寺の銅鐘を所蔵し,国宝に指定されている。例祭は 10月9日。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

劒神社」の用語解説はコトバンクが提供しています。

劒神社の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.