Rakuten infoseek

辞書

劉歆【リュウキン】

デジタル大辞泉

りゅう‐きん〔リウ‐〕【劉歆】
[?~23ころ]中国前漢学者(あざな)は子駿(ししゅん)。父劉向(りゅうきょう)を継いで、書籍目録の「七略」を完成。「春秋左氏伝」「周礼(しゅらい)」などを研究し、古文経派のと称される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りゅうきん【劉歆 Liú Xīn】
前32?‐後23
中国,前漢末の学者。字は子駿。のち名を,字を頴叔と改める。沛(はい)(江蘇省沛県)の人。高祖の同父弟楚元王交の子孫劉向(りゆうきよう)の第3子。若くして詩書に精通し,成帝のとき黄門郎となり中塁校尉にうつる。黄門郎のとき王莽(おうもう)が同僚であり以後王莽と親交がつづき,侍中,太中大夫,光禄大夫と歴任,新になると参謀として国師の地位を与えられた。成帝期に始まる宮中図書の校勘事業に父劉向と参画し,劉向の死後もそれを引きつぎ図書目録《七略》を著す。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りゅうきん【劉歆】
?~23頃 中国、前漢末の学者。字あざなは子駿ししゆん。父劉向りゆうきようの王室図書の整理校訂事業を継承し、書籍分類目録「七略」を完成。政権をとった王莽おうもうの国師となったが、のち暗殺をはかって失敗、自殺した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


りゅうきん
(?―23)
中国、前漢末から新にかけての学者。劉向(りゅうきょう)の子。字(あざな)は子駿(ししゅん)。のち名を秀、字を穎叔(えいしゅく)と改める。幼少のころから好学の人として知られ、成帝のとき父とともに漢王室の図書整理に参加する。父の没後はこの事業を継いで『七略』を作成し完了した。『七略』そのものは亡(ほろ)んだが、『漢書(かんじょ)』芸文志(げいもんし)にそのまま取り込まれて今日に伝えられている。これは中国における経籍目録の最初のものである。はこの作業のなかから古文学を修得し、『左伝』『毛詩』『逸礼』『古文尚書』などを公許の学問にしようとして古文顕彰運動をおこし、今文(きんぶん)派の儒者と激しく争った。当時の実力者王莽(おうもう)は以前、ともに黄門郎として勤務したこともあり、新王朝を興してのちは、を重用し国師の地位を与えた。新王朝の制度は『周礼(しゅらい)』に拠(よ)っていたので、古文学者としてのに立法その他依拠するところが大きかったからである。しかし王莽に三子を殺されたのを恨み、謀反を企てて失敗し、自殺した。『漢書』に伝記がある。[町田三郎]
『狩野直喜著『両漢学術考』(1964・筑摩書房) ▽板野長八「災異説より見た劉向と劉」(『東方学会25周年記念論集』所収・1972・東方学会) ▽銭穆「劉向・父子年譜」(『燕京学報7』所収・1929・燕京大学)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りゅう‐きん リウ‥【劉歆】
中国、前漢末の学者。字は子駿、のち穎叔(えいしゅく)。劉向の子。父向とともに宮中図書の校勘事業に参画、哀帝の命で「七略」を作り、経籍目録の学を起こした。生没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

劉歆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

劉歆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.