Rakuten infoseek

辞書

【ゲキ】

デジタル大辞泉

げき【劇】
脚本中の役を動作とせりふで演じながら筋書きに従って場面を進行させていくもの。演劇。芝居。ドラマ。「人形
(接尾語的に用いて)劇的な出来事。世間の人があっと驚く出来事。「業界トップの逮捕」「9回裏の逆転

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げき【劇】[漢字項目]
[音]ゲキ(慣) [訓]はげしい
学習漢字]6年
物の働きや程度がはげしい。「劇症劇毒劇薬
仕事がめまぐるしい。忙しい。「劇職繁劇
芝居。「劇場劇団劇的演劇歌劇活劇観劇喜劇惨劇史劇新劇悲劇

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げき【劇】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げき【劇】
芸術形式の一。台本や筋書きに基づいて、ある行為が観衆の眼前で実際に演じられるもの。演劇。芝居。ドラマ。 「放送-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げき【劇】
〘名〙
① (形動) はげしいこと。はなはだしいこと。また、そのさま。
※江戸繁昌記(1832‐36)三「五家一軒、十舎一梁、劇裏店に至は、五十を結て一部と為す」 〔杜甫‐駆豎子摘蒼耳詩〕
② 演劇。芝居。〔新らしい言葉の字引(1918)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

劇の関連情報

他サービスで検索

「劇」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.