Rakuten infoseek

辞書

創造【ソウゾウ】

デジタル大辞泉

そう‐ぞう〔サウザウ〕【創造】
[名](スル)
新しいものを初めてつくり出すこと。「文化を創造する」「創造的な仕事」「創造力」
神が宇宙・万物をつくること。「天地創造

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

そうぞう【創造】
( 名 ) スル
それまでなかったものを初めてつくり出すこと。 「 -力」 「白爾ベルは蒸気船を-せし人なり/西国立志編 正直
神が万物をつくること。 「天地-」 「 -物」 〔中国近世洋学書「智環啓蒙塾課初歩」(1856年)にある。日本では「英和対訳袖珍辞書」(1862年)に creation の訳語として載る〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

創造
そうぞう
creation英語
Schpfungドイツ語
crationフランス語
これまでになかったものを新しくつくりだすこと。この概念は、既存の要素あるいは素材の独創的組合せによる新しいタイプの事物の産出から、まったくの無からの世界そのものの創出に至る広い範囲で使われる。西洋のキリスト教的思考の伝統においては、創造の原型として、つねに、超越的な人格神による「無からの世界の創造」が念頭に置かれ、たとえば、芸術的創作なども、ロマン派の「天才」論に典型的にみられるように、それとの類比において考えられる傾向がある。しかし現代においては、創造の概念も有限者としての人間の相対的場に置き直されて、自由な人格の美的ないし道徳的営みとして考えられることが多い。[坂部 恵]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そう‐ぞう サウザウ【創造】
〘名〙
① 新しいものを自分の考えや技術などで初めてつくりだすこと。〔慶応再版英和対訳辞書(1867)〕
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「白爾(ベル)は、蒸気船を創造せし人なり」 〔後漢書‐応劭伝〕
② 神が宇宙、万物をつくること。
※泰西勧善訓蒙(1873)〈箕作麟祥訳〉二「天は宇宙の千種万類を創造したるのみに非ず創造の後常に之を統合し天意に非れば百事成就することなし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

創造」の用語解説はコトバンクが提供しています。

創造の関連情報

他サービスで検索

「創造」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.