Rakuten infoseek

辞書

【カツ】

デジタル大辞泉

かつ【割】[漢字項目]
[音]カツ(漢) [訓]わる わり われる さく
学習漢字]6年
〈カツ〉
刃物で切りさく。わる。「割腹割烹(かっぽう)割礼
別々に分ける。一部を分けはなす。「割愛割拠割譲割賦分割
〈わり〉「割合割高割安・割増料/役割均等割
[名のり]さき
[難読]割賦(わっぷ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わり【割(り)】
割ること。また、割ったもの。「水割り」「お湯割り
歩合の単位。1割は10分の1。「三打者」
比率。割合。「三日に一回の割りで通う」
他と比べたときの損得。「割りのいい商売」
(「…わりに」の形で)ある事から予想・推測される程度。…に応じた程度よりは。「値段の割りに品物がよい」「若い割りには礼儀正しい」
割り当て。「部屋割りをする」
割引。「学割り
《「ことわり(理)」から》理由。事情。また、ぐあい。
「芝居で見るような―に行かず」〈緑雨・売花翁〉
相撲で、取組表のこと。
10 仲裁。
「大いざこさの中へ、大屋敷―に入り」〈咄・春帒〉
[下接語]頭割り石割り板割り内割り・押し割り・貝割り鏡割り欠き割り書き割り学割搗(か)ち割り幹竹(からたけ)割り切り割り木割り均等割り胡桃(くるみ)割り塊(くれ)割り区割り・腰割り・戸数割り碁盤割り駒(こま)割り小割り時間割り宿(しゅく)割り地割り席割り背割り外割り台割り縦割り反別割り月割り土割り手合い割り土瓶割梨(なし)割り軒割り場所割り柱割り引き割り挽(ひ)き割り碾(ひ)き割り日割り二つ割り部屋割り焙烙(ほうろく)割り掘り割り薪(まき)割り町割り水割り三つ割り棟割り面割り役割宿割り横割り四つ割り

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

わり【割】
〔動詞「割る」の連用形から〕
歩合の単位。10分の1。 「三-」
ある数量と他の数量との関係。ある数量の変化に応じてもう一方の数量の変化する程度。割合。 「三日に一冊の-で本を読む」
ある物事の状態・程度から当然予想される結果を基準として比較した具合。また、他の同種の物事を基準として比較したときの程度。 「細い-に丈夫だ」 「 -のいい仕事」
相撲で、取組。また、取組表。
割り当て。割り前。 「 -さへかからぬ事でござらば/浮世草子・歌三味線」
道理。理ことわり。訳。 「女郎買が出来ねえといふ-でもねえが/洒落本・無陀物語」
割り麦」に同じ。
割り床」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

わり【割】
〘名〙
[一] (動詞「わる(割)」の連用形の名詞化)
① 割ること。分割。割ったもの。→割りの粥(かゆ)
※譬喩尽(1786)二「(ワリ)が漸く通る病人じゃ 米を挽割為粥也 再飯(ふたたびめし)よりもまだ重き病人なるべし 令啜程也」
② 「わりむぎ(割麦)」の略。
※雑俳・柳多留‐八九(1826)「養生に斗り江戸っ子わりを喰」
③ 割りあて。分配。分けて配られる金額や分量。割りまえ。
※浮世草子・傾城歌三味線(1732)一「割(ワリ)さへかからぬ事でござらばと」
※歌舞伎・敵討噂古市(正直清兵衛)(1857)序幕「『これ親方、早く割をくんなせえな』『〈略〉八人に一両づつ』」
④ 寄席などの出演料。割銭。
※いろは交友録(1953)〈徳川夢声〉し「寄席のワリ(出演料)では、食って行けない現状だから」
⑤ 幅を広くするために、布を裁って間に他の布を入れること。また、その入れる布。
※滑稽本・戯場粋言幕の外(1806)下「肩へわりの入たる袖なし羽織、前だれのこしらへ」
⑥ 「わりどこ(割床)①」の略。
※普賢(1936)〈石川淳〉「『いくら引け過ぎでもこれでお泊りなら下のお部屋で…』『ふざけるねえ。ワリなんかをかしくって…』」
⑦ 「わりこみ(割込)②」の略。
※歌舞伎・有松染相撲浴衣(有馬猫騒動)(1880)三幕「今に押されて来りゃあ、割も立見もごっちゃ交ぜだ」
⑧ 仲裁すること。また、仲裁をする人。
⑨ (「理(ことわり)」から) 物事がそうなる道理。わけ。また、ぐあい。
※洒落本・無陀物語(1781)「かみやげひしゃがねへとって女郎買が出来ねへといふ割(ワリ)でもねへが」
⑩ 相撲の取組表をいう。
⑪ 干潮。潮のわり。〔日葡辞書(1603‐04)〕
[二] (出挙(すいこ)の利息をいう「把利(わり)」から)
① 歩合算の単位。一〇分の一。分の一〇倍、厘の一〇〇倍。
※伊達家文書‐永正一五年(1518)一一月三日・頤神軒存奭算用状「於京都五わりのさんようにしやくよう申候」
② 物と物との比率。ある数量の、他の数量に対する比。割合。
※談義本・根無草(1763‐69)前「つまる所は一ふくで何分づつのわりを以て、謝礼をせしめる計にて」
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉中「此国の人口男子一人に女子百人といふ比例(ワリ)にもあらざれば」
③ さいころばくちで胴元が勝った客に支払う金の、賭金(かけきん)に対する倍数をいう語。
※黄表紙・莫切自根金生木(1785)中「大ぜい鉄火打をあつめ、四わり八分を七わりぐらいにして胴をとり」
④ 他と比べてみたときの、損得のぐあい。→割りがいい割りが悪い割りが合う割りに合う
⑤ 他と比べて損になること。→割りを食う
※歌舞伎・鶴千歳曾我門松(野晒悟助)(1865)中幕「上十五日があなたの娘、下十五日がわしが娘、其替り小の月はわしが方で割をききます」
⑥ (形動) 他と比べて得になること。割合のよいさま。
※歌舞伎・黄門記童幼講釈(1877)序幕「打たれぬ内に手を突いてあやまる方が割だらう」
⑧ ある人や物事の性格、状態などから当然想像、推測される程度。「…割りに(は)」の形で、…に応じた程度よりはの意に用いる。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉三「宿料も廉、其割(ワリ)には坐舗も清潔」
[補注]((二)について) 「割」の字が用いられるのは近世以降である。これは、分割・分配の意の「割」との同音でかつ意味上近い関係が感じられたためであろう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わ・る【割】
[1] 〘他ラ五(四)〙
① 力を加えて、二つまたはいくつかの部分に分離させ、全体の完結性を失わせる。
(イ) 岩・氷・瓶・椀・皿・瓦・板・煎餅など、卵殻・木の実・薬玉・風船・電球などの外被部分などの原形をこわす。また、竹の茎、薪、割り箸などをさらに細い両部にする。
※万葉(8C後)三・四一九「石戸破(わる)手力もがも手弱き女にしあればすべの知らなく」
※大鏡(12C前)二「もちひのいと大なるをば一、ちひさきをば二をやきて〈略〉おほきなるをばなかよりわりて」
(ロ) 建物、城などをとりこわす。破壊する。
※伊達家文書‐天正一九年(1591)七月一五日・浅野長政書状「所々城々之儀は、何も御わらせ候て可然存候」
(ハ) 突き当たったり切ったりして表面に傷をつける。「額をわる」
② 事柄の全体を二つまたはいくつかの部分に分ける。
(イ) 区分する。分割する。また、区分したそれぞれに事物を分配し分担させる。わりあてる。わりつける。わりふる。
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「女房の曹司には、廊のめぐりにしたるをなん、わりつつたまへりける」
※青年(1910‐11)〈森鴎外〉二二「縦にペエジを二つに割って印刷して、挿画がしてある」
(ロ) 組織などを分裂させる。また、人の間柄を裂いて不和にする。「党を割る」「二人の仲を割る」
(ハ) 集まっているものを左右に押し分ける。また、行列などの中ほどに分け入って進行をさまたげる。→割って入る
※平家(13C前)九「熊谷おや子は、中をわられじと立ならんで」
(ニ) 衣服の裾などに、活動しやすいように切れ目を入れる。
(ホ) 座った両膝の間をひらく。
※潮風(1920‐21)〈里見弴〉一「白足袋の草履ばきで、大きく跨を割り」
③ 割り算を行なう。除する。ある数がほかのある数の何倍にあたるかを知る。数式で、記号「÷」を「わる」と読む。
※書言字考節用集(1717)八「帰除 ワル 筭法減筭曰除」
④ 事柄を分けてすじみちを立てる。
(イ) 理に従って、細かいわけを説く。→割っつ口説いつ
※浄瑠璃・冥途の飛脚(1711頃)中「エエ性根のすはらぬきちがひ者と、わっつくだいつしかれ共」
(ロ) すっかり打ち明ける。秘密や内情を明らかにする。
※人情本・花筐(1841)初「日頃慎み深き身も、恋には弱るならひかや、いっそ内々この事を母御に割って咄したら、他人ではなき従弟同志」
(ハ) すじみちを立ててつきとめる。捜し出す。「ほし(犯人)をわる」
⑤ ある液体に他の液体をまぜる。多く食品で、もとの液体の味を薄めたり和らげたりすることをいう。古くは、加えるものを「水を割る」のように言ったが、現在では「水で割る」が普通。
※金貨(1909)〈森鴎外〉「コニャックを一口飲む〈略〉湯沸かしの湯を割(ワ)って、又一口飲んで見る」
⑥ ある範囲の外に出る。
(イ) 数量の変動する事物で、数値がある目安以下になる。切る。底を割る。〔新時代用語辞典(1930)〕
(ロ) 相撲で足が土俵の外、フットボールで球がタッチラインの外に出る。
※相撲講話(1919)〈日本青年教育会〉常陸山、梅ケ谷時代の壮観「常陸は満身の力を籠めて、突をくれれば大砲は脆くも土俵を割って」
⑦ (「新鉢(あらばち)を割る」から) 処女を犯す。
※咄本・豆談語(1772‐81)弐分五厘「去る男、弐分五りんと仇名を付られしを、どふした訳だと、知った若者に聞けば、胡粉屋の娘を割(ワッ)たから」
⑧ (相撲で「腰をわる」の形で) 足を開き膝を曲げ、体をまっすぐにした姿勢で腰を低くする。→腰(こし)を割る
⑨ 手形を割り引く。「手形を割る」
⑩ (自動詞的に用いて) 潮が引く。干る。
※日葡辞書(1603‐04)「シヲガ varu(ワル)
[2] 〘自ラ下二〙 ⇒われる(割)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

割の関連情報

他サービスで検索

「割」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.