Rakuten infoseek

辞書

割竹【サキタケ】

デジタル大辞泉

さき‐たけ【割(き)竹】
縦に割ってさいた

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わり‐だけ【割(り)竹】
割った竹。特に、丸竹先端を細かく割ったもの。夜番が引きずって歩いたり、罪人をたたくのに用いたりした。われだけ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さき‐たけ【割竹】
〘名〙 (「さきだけ」とも) 割ってさいた竹。わりだけ。
※花鳥余情(1472)一〇「この子の名をさきたけのかぐやひめとつけつ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わり‐だけ【割竹】
〘名〙 割った竹。特に、丸竹の先を割ったもの。罪人をたたくのに用いたり、夜番が引きずって歩いたりした。われだけ。
※浮世草子・男色大鑑(1687)三「雉子の飛出れば、鐘木割(ワリ)竹におどろかさせ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

割竹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

割竹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.