Rakuten infoseek

辞書

割引【ワリビキ】

デジタル大辞泉

わり‐びき【割引】
[名](スル)
割り引くこと。一定の価格から、ある割合の金額を引くこと。「会員には割引して売る」「割引価格」⇔割増し
手形割引」に同じ。
内輪に見積もること。いくらか低く評価すること。「話を割引して聞く」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

わりびき【割引】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

わりびき【割引】
スル
割り引くこと。 ⇔ 割り増し 早朝-
手形割引に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

わり‐びき【割引】
〘名〙
① 割り引くこと。一定の価格からいくらかの金額を差し引くこと。値引き。わりびけ。〔英和記簿法字類(1878)〕
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉三「幾らか家賃が割引(ワリビ)きしてあった」
② (比喩的に) 物事を内輪に見積もること。いくらか低く評価すること。
※明暗(1916)〈夏目漱石〉一三三「女の挨拶に相当の割引(ワリビキ)をして見る彼も」
③ 電車やバス、映画館、飲食店などで、早朝や深夜などの一定時間内に通常の値段よりも安くすること。また、そのものやそれを表示するもの。
※桑の実(1913)〈鈴木三重吉〉一八「市内の割引が上らない内から蔵前の学校までお出かけにならなければならないので」
手形に記載した支払い期日以前に、銀行などが、支払い期日までの利子を引き去った金額で、手形を買い取ること。手形割引。割り戻し。
※銀行条例(明治二三年)(1890)一条「証券の割引を為し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わり‐び・く【割引】
〘他カ五(四)〙
① 一定の値段よりも安くする。きまった値段のうち、いくらかを差し引く。幾割か安くする。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕
② 内輪に見積もる。いくらか低く評価する。
③ 銀行で、支払い期日までの利子を引き去った金額で、手形を買い取る。支払い満期以前の手形を、銀行がその手形に記載された金額から満期までの利子を差し引いて、現金で買い受ける。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

割引」の用語解説はコトバンクが提供しています。

割引の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.