Rakuten infoseek

辞書

割床【わりどこ】

精選版 日本国語大辞典

わり‐どこ【割床】
〘名〙
り込みで寝ること。一室内を屏風(びょうぶ)などで仕切り、二組以上の寝床を敷いて寝ること。また、その寝床。江戸時代、下級の遊女屋や宿屋などで多く行なわれた。特に、遊女屋の遊びの等級により、本部屋・回し部屋・割床などの区別があった。割。
※雑俳・川柳評万句合‐宝暦一二(1762)義五「割床はどっちの根太のひびくのか」
江戸時代、劇場にかかげられた看板の一つ。一枚の板に、下級の俳優の名前をいっしょに連記し、各人の定紋などはいっさい書かないもの。有名俳優の紋看板に対して、特に俗称されたもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

割床」の用語解説はコトバンクが提供しています。

割床の関連情報

他サービスで検索

「割床」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.