Rakuten infoseek

辞書

副腎皮質【ふくじんひしつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

副腎皮質
ふくじんひしつ
adrenal cortex
副腎の外側の部分で,副腎全体の 80%を占める。球状帯,束状帯,網状帯の3層から成り,生命維持に必要な四十余種のステロイドホルモンを有している。副腎皮質の内分泌機能は下垂体前葉のホルモン ACTHの支配を受けているが,アルドステロンのみは ACTHではなく,アンギオテンシンの支配を受けている。また,副腎から下垂体へのフィードバック機構も存在する。副腎皮質ホルモンの分泌が亢進すると,糖質コルチコイド (ハイドロコーチゾン) 系ではクッシング症候群鉱質コルチコイド (アルドステロン) 系ではアルドステロン症 (原発性) ,男性ホルモン系では副腎性器症候群を起す。一方,副腎皮質機能低下症には,急性と慢性とがある。急性副腎皮質不全は副腎発症 (クリーゼ) ともいわれ,感染,外傷,出血,外科手術,副腎皮質ホルモンの投与を突然中止したときなどにみられる。不安,頭痛,めまい,腹痛,吐き気,嘔吐,下痢などで始り,発熱,けいれん,意識障害,チアノーゼ,出血傾向,血圧低下をきたして死亡する。本症の疑いがあれば,副腎皮質ホルモン剤を大量に与えて救命をはかる。慢性の副腎皮質不全はアジソン病である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふくじん‐ひしつ【副腎皮質】
副腎表層を形成する組織。球状・束状・網状の3層からなり、ステロイドホルモン生成、分泌する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

副腎皮質
 副腎の外側.機能的には,ステロイドホルモンであるグルココルチコイドミネラルコルチコイド,性ホルモンを分泌する.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふくじんひしつ【副腎皮質】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふくじんひしつ【副腎皮質】
副腎のうち表層部をしめる組織。球状・索状および網状に排列した立方状または多角形の細胞からなり、生命の維持にきわめて重要な器官。副腎皮質ホルモンを分泌する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふくじん‐ひしつ【副腎皮質】
〘名〙 副腎の外層を取りまく内分泌腺組織。ステロイド系のホルモンを分泌する。発生的に中胚葉性の体腔上皮から由来し、外層より内層へ顆粒層(球状層)・索状層・網状層の三層が区別される。機能は脳下垂体前葉ホルモンによって調節される。〔人体の機能(1952)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

副腎皮質」の用語解説はコトバンクが提供しています。

副腎皮質の関連情報

他サービスで検索

「副腎皮質」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.