Rakuten infoseek

辞書

副将軍【フクショウグン】

デジタル大辞泉

ふく‐しょうぐん〔‐シヤウグン〕【副将軍】
大将軍または将軍副官として軍を統率する武官
水戸藩主、特に2代藩主徳川光圀(とくがわみつくに)の称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

ふくしょうぐん【副将軍】
茨城の日本酒。酒名は、水戸藩2代藩主・徳川光圀にちなみ命名。大吟醸酒、純米吟醸酒、吟醸酒、本醸造酒、普通酒がある。全国新酒鑑評会で受賞実績多数。原料米は山田錦など。仕込み水は自家井戸水。蔵元の「明利酒類」は昭和25年(1950)創業。協会10号酵母として登録された「明利小川酵母」の発祥蔵。所在地は水戸市元吉田町。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

副将軍
茨城県、明利酒類株式会社の製造する日本酒。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふくしょうぐん【副将軍】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふくしょうぐん【副将軍】
将軍または大将軍を助ける臨時の官名。
江戸時代、水戸藩主の称。特に、二代藩主徳川光圀をいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふく‐しょうぐん ‥シャウグン【副将軍】
[1] 〘名〙 大将軍または、将軍の副官として軍を統率する武官。副将。副帥。裨将軍(ひしょうぐん)
※続日本紀‐和銅三年(710)正月壬子「副将軍従五位下穂積朝臣老」
[2] 水戸家、特に第二代藩主徳川光圀の俗称。隠居して諸国漫遊したのを扱った講談などからでた呼び名と思われる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

副将軍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

副将軍の関連情報

他サービスで検索

「副将軍」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.