Rakuten infoseek

辞書

剣山地【つるぎさんち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

剣山地
つるぎさんち
徳島西部から高知県東部にまたがる山地四国山地の東半を占め,西半の石鎚山脈に対する。主峰剣山 (1955m) を中心に,北東から南西に一ノ森 (1879m) ,高ノ瀬 (1741m) ,三嶺 (1894m) などが連なる。山地はおもに秩父古生層に属する石灰岩からなり,北部の一部では御荷鉾変成岩もみられる。多くの河川水源となり深い谷を刻む。山腹各所山村が点在する。特に祖谷祖谷川浸食谷によって隔絶され,秘境として知られた。南麓は中部山渓県立自然公園大歩危・小歩危祖谷渓とともに剣山国定公園の中心。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つるぎ‐さんち【剣山地】
徳島県中央部に広がる山地。四国山地東部を占め、東西に約60キロメートル連なる。最高峰剣山。主に秩父(ちちぶ)古生層からなる石灰岩山地。北部の鮎喰(あくい)川・祖谷(いや)川・貞光川・穴吹川、南部の勝浦川那賀(なか)川などの水源地。北斜面は畑作、南斜面は林業が中心。剣山国定公園に含まれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つるぎさんち【剣山地】
剣山山系とも称する。石鎚山系とともに四国山地の骨格をなす山嶺で,石鎚山系と並行して四国の中央部を東西に走る。この山系の北境は御荷鉾(みかぶ)構造線,南境は仏像‐糸川構造線で,両構造線で境される秩父帯が山体をつくり,おもに古生層からなるが,中生代地層も断続的に分布している。主峰は徳島県にある剣山(1955m)で,これを中心に丸笹山(1712m),赤帽子山(1611m),丸石(1684m),一ノ森(1879m)などの高峰が連なっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

剣山地
つるぎさんち
四国山地の東部を占める山地。主として秩父中・古生層からなる。最高峰の剣山(1955メートル)を中心に、塔丸(とうのまる)、天神丸などの山々が東西に連なる。徳島県の主分水嶺(ぶんすいれい)をなし、北部の祖谷(いや)川、貞光(さだみつ)川、穴吹(あなぶき)川、南部の勝浦川、那賀(なか)川などの水源となっている。北斜面は谷が深く、畑作中心である。阿波(あわ)山岳武士の拠点であり隠田(おんでん)集落もみられた。南斜面は降水量が多く、林業依存度が高い。[高木秀樹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

剣山地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

剣山地の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.