Rakuten infoseek

辞書

剣山国定公園【つるぎさんこくていこうえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

剣山国定公園
つるぎさんこくていこうえん
徳島県西部にあり,一部は高知県北東端に広がる自然公園。面積 209.61km2。 1964年指定。剣山奥物部地区と西山渓地区の2地区から成る。剣山奥物部地区は,剣山地の主峰,剣山 (1955m) と周辺の一ノ森,赤帽子山などと,徳島高知県境の綱付森,三嶺,石立山および物部川上流の別府峡を含む壮大な山岳公園で,展望にすぐれ,別府峡は特に紅葉の美しさで知られる。西山渓地区は,吉野川沿いの大歩危・小歩危 (おおぼけこぼけ) ,祖谷川 (いやがわ) 沿いの祖谷渓などの渓谷と,松尾川ダム,および周辺の山々から成り,特に土讃本線に近い景勝地大歩危小歩危と,秘境と呼ばれる祖谷渓に春秋の行楽客が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

つるぎさん‐こくていこうえん〔‐コクテイコウヱン〕【剣山国定公園】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

つるぎさんこくていこうえん【剣山国定公園】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

つるぎさんこくていこうえん【剣山国定公園】
剣山を中心とする山岳国定公園。祖谷渓いやだに・大歩危おおぼけ・小歩危こぼけなどが有名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔徳島県(高知県)〕剣山国定公園(つるぎさんこくていこうえん)

四国山地東部の国定公園。徳島・高知両県にまたがり、剣山地を中心に吉野(よしの)川中流域と祖谷渓(いやけい)を含む。面積2万961ha。1964年(昭和39)指定。剣山・三嶺(みうね)など標高1500~2000m級の山岳、吉野川などの渓谷、ダケカンバ・ヒメコマツなど亜寒帯性樹林で知られる。吉野川中流の大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)、支流祖谷川の祖谷渓、物部(ものべ)川支流の別府(べふ)渓谷・西熊(にしくま)峡谷などが観光名所。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

剣山国定公園
つるぎさんこくていこうえん
四国山地の東部を占める剣山地を中心とし、吉野川流域の大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)、祖谷(いや)などを含む国定公園で、1964年(昭和39)の指定。面積209.61平方キロメートル。徳島、高知の両県にまたがる。
 剣山地は、石鎚(いしづち)山に次ぐ四国第二の高峰剣山(1955メートル)を主峰とし、その東側に高城(たかしろ)山、天神丸、西側に塔丸(とうまる)、三嶺(みうね)、丸石、石立(いしだて)山などの山々が連なる。全体に壮年期の山容を示すが、剣山や旭(あさひ)ヶ丸山頂には平坦(へいたん)面があり、隆起準平原の遺物とみなされる。山腹はダケカンバなどの広葉樹、1500メートル以上はコメツガなどの針葉樹が多く、頂上面はササで覆われる。剣山地西部に発して西流する物部(ものべ)川上流の槇山(まきやま)川に別府(べふ)峡谷、上韮生(かみにろう)川に西熊峡谷があり、交通不便なため静寂な環境を保っている。
 大歩危・小歩危の渓谷は四国山地を横断する吉野川中流の横谷で、奇岩怪石や深淵(しんえん)が連続する。吉野川の支流祖谷川には祖谷渓がある。祖谷地方は大正初期までは他地域から隔絶された地で、現在も古い習俗を残している。[高木秀樹]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つるぎさん‐こくていこうえん ‥コクテイコウヱン【剣山国定公園】
徳島・高知の両県にまたがる国定公園。剣山を中心とし、祖谷(いや)川・松尾川の渓谷、大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)の峡谷を含む。昭和三九年(一九六四)指定。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

剣山国定公園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

剣山国定公園の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.