Rakuten infoseek

辞書

【ゼ】

デジタル大辞泉

ぜ【前】
[接尾]《「ごぜ(御前)」の略》人を表す語に付いて、尊敬の意を添える。「尼

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぜん【前】
[名]ある時点より早い時。順序として早く現れるほう。まえ。さき。
[接頭]
いまより一つまえの意を表す。「議長」「世紀」
現状になるまえの、の意を表す。「近代的」
二つに分けたもののまえのほうの意を表す。「半生」
[接尾]
名詞に付いて、それ以前である意を表す。「使用」「第二次大戦
助数詞。
㋐机・脇息・懸盤(かけばん)などを数えるのに用いる。
「一―の閼伽(あか)を備へて」〈今昔・一一・七〉
㋑神や社殿などを数えるのに用いる。
「摂社末社すべて三十余―、巍々(ぎぎ)としてつらなれり」〈滑・膝栗毛・八〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぜん【前】[漢字項目]
[音]ゼン(呉) セン(漢) [訓]まえ さき
学習漢字]2年
〈ゼン〉
空間的にまえの方。進んでいく方向。「前後前進前途前方前面前輪眼前現前敵前風前仏前面前目前門前
ある時点よりもまえ。「前回前期前日前代前兆前歴以前空前午前最前産前事前従前食前生前戦前
順序が先に出たほう。「前記前項前者前述前編前略
〈まえ〉「前髪前金腕前手前出前名前
[名のり]くま・さき・すすむ・ちか
[難読]前栽(せんざい)点前(てまえ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まえ〔まへ〕【前】
[名]《「目(ま)方(へ)」の意》
普通の状態で顔または視線の向いている方向。おもて。前方。「まっすぐを向く」⇔後ろ
他人のいるところ。面前。「子供のでそんなことは話すな」
建物などの正面。表の方。「駅のの大通り」「像ので記念写真をとる」⇔後ろ
その事柄に対した時の状況。「新企画のに立ちはだかる難問」「厳格な規則のには手も足も出なかった」
連続するものの初めの部分。さき。「行列のを歩く」「から八番目の席につく」⇔後ろ

㋐ある時点より前。「三〇分ほどに電話があった」
㋑以前。むかし。「に会ったことがある」「のことを持ち出す」
順序の先のほう。「からの約束」「のページ」
身体の正面の部分。また、陰部。「をはだける」「を隠す」
前歴。特に、前科。「がある」
10 正面の庭。前庭。
「ひとりしていかにせましとわびつればそよとも―の荻ぞこたふる」〈大和・一四八〉
11 神の御身。神を直接指すのを避けて付ける語。
「能く我が―を治めば」〈・上〉
12 神・貴人を敬っていう語。
「御―にも、えさはあらじとおぼしめしたり」〈・八七〉
13前神」の略。
「社一百九十八所…―一百六座」〈延喜式・四時祭上〉
14 連歌・俳諧で、前句のこと。
「この―出でて、座中暫(しばら)く付けあぐみたり」〈去来抄・先師評〉
15 女性の名の下に付いて、尊敬の意を表す。
「千手(せんじゅ)の―」〈平家・一〇〉
[接尾]
名詞や動詞の連用形などに付いて、それに相当する分量や部分などを表す。「五人」「分け
名詞に付いて、その属性・機能などを強調する意を表す。「男」「腕
[下接語]朝飯(あさめし)前当たり前言い前板前一人(いちにん)前一丁前居(い)前後ろ前腕前上(うわ)前江戸前男前落とし前御(お)前御(おん)前片前気前切り前口前小(こ)前差し前下前自前錠前新前足し前出し前立ち前立て前点(たて)前建前手前出前戸前取り前名前鉢前半人前左前人前昼前前前真ん前右前向こう前目の前持ち前厄前両前分け前業(わざ)前割り前
[補説] 
2014年6月に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2014」キャンペーンでの「前」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆目や顔、又は腹やつま先が向いている方向。時間的に昔のこと。未来やポジティブな思考を意味する向き。
こつぶさん

◆動くものにおいては、そのものが進む方向。動かないものにおいては、他から眺めてもらいたい方の面。
shunさん

◆使い方によっては「過去」にも「未来」にもなる言葉。
カワサッキーナさん

◆夢や目標が存在する方向。
チラミンさん

◆まだ自分の足跡がない場所。
ちりちりさん

◆これからの人生において、未来のある方向。これまでの人生における、過去のひととき。
神月ゆうさん

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぜん【前】
[1] ( 名 )
ある時より先。まえ。以前。 「 -の会社では」 「吾輩の爪は-申す通り皆後ろ向きであるから/吾輩は猫である 漱石
官職・地位を表す名詞の上に付いて、「すぐまえの」「ひとつまえの」の意を表す。 「 -総理大臣」 「 -議員」
時代を表す名詞の上に付いて、それより先立つことを表す。 「 -近代」
名詞の下に付いて、それ以前である意を表す。 「紀元-」 「使用-」 「第一次大戦-」
( 接尾 )
助数詞。
机・脇息きようそく・懸盤かけばんなどを数えるのに用いる。 「二-の膳そなえを供せんとす/今昔 13
神や社殿を数えるのに用いる。 「摂社・末社すべて三十余-/滑稽本・膝栗毛 8

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まえ【前】
〔「ま(目)へ(辺)」の意より〕
[1] ( 名 )
顔や視線の向いている方向、または場所。 ⇔ うしろしりえ 「 -を見て歩く」 「お父さんの-でもう一度言ってみなさい」
(事物に方向があると考えて)正面の方向、または場所。
うしろしりえ 「家の-に空き地がある」 「計画の-に立ちはだかる障害」
事物の前方の部分。 「バスの-の方の席につく」
身体の正面の部分。着物などを着たとき、身体の正面にくる部分。 「 -がはだける」
人間の陰部。 「 -を隠して風呂にはいる」
順序の先の方。初めの方。さき。 「電話帳では青田より青木の方が-にある」
(時間的に)
現在またはある時点より以前。 「三十分ほど-に電話があった」 「この話は-から変だと思っていた」
ある行為・事態が成立する以前。 「食事の-に手を洗う」 「客が来る-に準備を調えておいた」
(「前の」の形で)さきの。直前の。
あとのち 「 -の首相」 「 -の正月」
前歴。特に、過去の罪。前科。 「 -がある」
(人を指す語句を受けて)その人に対する気がね・遠慮・体面などを示す。 「たたきつけてかへらうと思つたけれどなかやどの-もあるから/安愚楽鍋 魯文
形式名詞として用い、かねて思っていたとおりであること、ある判断に基づいていることを表す。 「それは元から覚悟の-であるのだ/魔風恋風 天外
貴人の面前。また、貴人に伺候すること。 「正月むつきのついたち頃に-許されたりけるに/後撰 春上詞
(上に「おお」「お」「み」を付けて)貴人その人をさす。 「お-にこそわりなく思さるらめ/源氏 夕顔
(「…のまえ」の形で)女性の名に添えて敬意を表す。 「名をば千手の-と申し候ふ/平家 10
僧侶に対するもてなしの食膳。 「講師の-、人にあつらへさせなどして/宇治拾遺 9
( 接尾 )
名詞や動詞の連用形などに付いて、それに相当する分量や部分などを表す。ぶん(分)。 「一人-」 「分け-」
人に関する名詞に付いて、その属性・機能などを強調する意を表す。 「男-」 「腕-」 「気-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぜ【前】
〘接尾〙 (「ごぜ(御前)」の略) 人を表わす語に付いて、尊敬の意を添える。→尼前(あまぜ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぜん【前】
[1] 〘名〙 ある時点より早い時。まえ。さき。以前。現在、法令では基準となる日を含んでいる「以前」に対し、含まない場合にいう。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「四五日前(ゼン)何かの小言序(ついで)に」 〔儀礼‐士冠礼〕
[2] 〘語素〙
① 地位や身分・役職を示す名詞の上について、現在の人より一代まえに、または、現在の位置のまえにその位置を占めたことを表わす。「前大臣」「前代議士」など。
※源氏(1001‐14頃)明石「かのせむ大王の御手に、かよひて侍れ」
② 時代を示す名詞の上について、それより先立つことを表わす。「前近代」など。
[3] 〘接尾〙
① 机、脇息(きょうそく)、懸盤(かけばん)、衝重(ついがさね)などを数えるのに用いる。
※西大寺資財流記帳‐宝亀一一年(780)「居漆牙床机各一前〈各長二尺八寸広一尺五寸高一尺五寸五分〉」
※今昔(1120頃か)一一「一前の閼伽(あか)を」
② 神、また社殿などを数えるのに用いる。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)八「摂社、末社、すべて三十余前(ゼン)、巍々としてつらなれり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ま‐え ‥へ【前】
[1] 〘名〙 (目方(まへ)の意で、尻方(しりへ)に対する)
[一] 空間的に前方または前部を表わす。
① 普通の状態で顔の向いている方向、またその方向にある部分、場所。
※万葉(8C後)一八・四一二九「針袋取り上げ麻敝(マヘ)に置き反(かへ)さへばおのともおのや裏も継ぎたり」
② 物の正面にあたる部分、場所。前面。
※竹取(9C末‐10C初)「賓頭盧のまへなる鉢の、ひた黒に墨つきたるをとりて」
③ 家の正面に接する所。庭。
※大和(947‐957頃)一四八「ひとりしていかにせましとわびつればそよともまへの荻ぞこたふる」
④ 人体の正面に当たる部分。
(イ) 頭部の正面や胸部など。
※観智院本名義抄(1241)「胸 〈略〉ムネ マヘ」
(ロ) 着衣の正面、着物を前で合わせる部分。
※歌舞伎・韓人漢文手管始(唐人殺し)(1789)一「『あわれ不便(ふびん)と思し召、忰(せがれ)にお情を下さりませ』ト前を拓(ひら)く」
(ハ) 男根または女陰。陰部。
※宇治拾遺(1221頃)九「男のまへのかゆきやうなりければ」
⑤ 順序のあるときの、はじめの方。「列の前の方」「前から読まないと分からない」
⑥ 勢力の及ぶ範囲。「規則の前に手をこまぬく」
[二] (多く接頭語「御(お・おん)」を伴って用いる。→おまえおんまえ) 神仏あるいは貴人に面する意で、そこに伺候すること、転じて、神仏貴人そのものをさし、さらに、そこに供えるものなどをもいう。
① (神について)
(イ) 神格を間接的にさす。絶対敬語のように用いる。
※古事記(712)上「此れの鏡は、専ら我が御魂(みたま)として、吾が前を拝(いつ)くが如伊都岐奉(いつきまつ)れ」
(ロ) (「前神」の略であるが、すでにこの語だけで神そのものを示す) 主神以外の神。主神に近侍する神。
※延喜式(927)一「奠幣案上神三百四座、社一百九十所〈略〉前一百六座」
② (貴人について)
(イ) 貴人に近く相対する場所に座をしめること。伺候すること。
※後撰(951‐953頃)春上・四・詞書「ある人の許に新参りの女の侍りけるが、月日久しく経て正月の朔頃にまへ許されたりけるに、雨のふるを見て」
(ロ) 貴人その人をさす。
※紫式部日記(1010頃か)寛弘五年秋「御まへにも、近うさぶらふ人々はかなき物語するを聞こしめしつつ」
(ハ) (「…の前」の形で) 女性の名に添えて敬意を表わす。
※平家(13C前)一〇「この二三年めしつかはれ候が、名をば千手の前と申候」
③ 貴人に先立って動作をする人、また、そのこと。
※梁塵秘抄口伝集(12C後)一〇「殊の外に声遣ひ心得て、振などは確かに、忘れず。まへ払ふ程にはあり」
④ 僧侶に対するもてなしの食膳。→前の事
※宇治拾遺(1221頃)九「しりたる人にも物こひとりて、講師の前、人にあつらへさせなどして」
[三] 時間的に前方、またはさかのぼっての事柄を表わす。
① 既に経過した時。過去。
※大鏡(12C前)三「まへの日事いださせたまへりしたびのことぞかし」
② ある時点より早い時期。以前。
※太平記(14C後)七「前の勢八十万騎に、又赤坂の勢吉野の勢馳加て、百万騎に余りければ」
③ 順番が一つ早い方。直前。「前の校長」
※或る朝(1908)〈志賀直哉〉「祖父の三回忌の法事のある前の晩」
④ 現在。眼前の時。
※随筆・胆大小心録(1808)四「韓退之のおしやりし、前のほまれあらんよりは、後のそしりをおもへとぞ」
⑤ かつてあった事柄、事例。
(イ) 以前あった事例。前例。
※上杉家文書‐大永六年(1526)正月一八日・本庄房長色部昌長連署起請文「於国役等之儀も各前不見合申候」
(ロ) 犯罪者について、その人の過去の罪。前科。〔隠語全集(1952)〕
※たった一人の反乱(1972)〈丸谷才一〉一七「マエのある連中、ずいぶん見かけましたよ。でも、女はあたしだけと思っていたら、歌子ねえさんもねえ」
[四] (「…の前」の形で体言格を受けて形式名詞のように用いる)
① 既に知覚されたことを示す語句を受けて、それに合致すること、その通りであることを示す。…の通り。現代では、その状態をあえて許容する気持を込めて用いることが多い。
※歌舞伎・貞操花鳥羽恋塚(1809)四立「初めより蔵人も、誠にあらざる恋路とは存じの前」
※にごりえ(1895)〈樋口一葉〉三「恨まれるは覚悟の前(マヘ)
② 人をさす語句を受けて、その人に対しての気がね、体裁、面目などを示す。てまえ。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉中「お母様の前があるから何程か貸してやったけれど」
[2] 〘語素〙
① 名詞または動詞の連用形に付いて、それに相当する分量、…する部分の意を表わす。「一人前」「分け前」など。
※黒川本今川仮名目録‐定(1560頃)一二条「知行差出の員数之外、私曲之由訴人有て、百姓まへ検地すべきよし申に付ては、不披露
② 人に関する語について、その属性、機能を強調していう。「腕前」「男前」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

前の関連情報

他サービスで検索

「前」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.