Rakuten infoseek

辞書

前衛芸術【ゼンエイゲイジュツ】

デジタル大辞泉

ぜんえい‐げいじゅつ〔ゼンヱイ‐〕【前衛芸術】
既成の芸術概念や形式を否定し、革新的な表現をめざす芸術の総称アバンギャルド

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぜんえいげいじゅつ【前衛芸術】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

前衛芸術
ぜんえいげいじゅつ
前衛(フランス語でアバンギャルドavant-garde)とは、もともと軍隊用語で、最前線を守る兵士または隊をいう。前衛芸術というと、階級闘争や文化闘争の最前線を担う、またはその担う人を描く、という意味の前衛的な社会主義芸術をさす場合と、それ以外のところで20世紀的な新しい芸術観・方法・技法の最先端にたとうとする個人主義系列の芸術をさす場合とがある。後者のほうは、普通、フランス語のままアバンギャルドとよばれる。前者は、たとえば1927年(昭和2)11月に蔵原惟人(くらはらこれひと)らによって結成されたプロレタリア芸術運動組織が、前衛芸術家同盟という名称のものであったことによって示されているように、昭和初年の革命文学=プロレタリア文学のことを意味した。ただし、前衛芸術家同盟の場合にはまだかならずしもはっきりしていなかったところの、プロレタリア芸術の前衛か、政治的前衛の立場にたつ芸術か、という問題が、その直後に合同によって成立した全日本無産者芸術連盟(略称ナップ、1928年3月結成)においては、蔵原によって、政治的な「前衛の観点にたつ」プロレタリア・リアリズム作品の制作を中心とする運動、という方向に進められた。そこから共産主義的な前衛の立場が強く押し出されるようになり、さらにその後、宮本顕治によって「党の芸術」の主張に至った。
 本来はプロレタリア文学も、前記の狭義のアバンギャルドと同じく芸術運動の前衛であり、芸術観・方法・技法のすべての面にわたって既成の芸術を乗り越えていくたてまえのものであったが、確かに、芸術観においてはその社会性の自覚の強烈さにおいて新しく、方法上でもリアリズムが「前衛の観点」で新しい質のものに変えられた面はあったにしても、芸術方法や技法においては大正期的ないし19世紀的な性質を強く残していた。なお、革命芸術=プロレタリア芸術としての前衛芸術と狭義のアバンギャルドは、等しく既成芸術との対立・抗争において発展してきたものであり、相互に移行――というよりも狭義のアバンギャルドがプロレタリア芸術の側に移行するというケースが多く出、西欧ではシュルレアリスムのアラゴンやエリュアールの場合をはじめとして、その例が多い。日本でも、ダダや表現主義などの傾向にたっていた壺井繁治(つぼいしげじ)や岡本潤や高見順らが、プロレタリア芸術に参加している。
 20世紀の後半以後は、旧芸術が力を失うとともに、革命芸術もアバンギャルドも新鮮さを失い、それに伴って「前衛」ということばがふさわしくない、という状態になっている。なお、別々に展開した革命芸術とアバンギャルドとを統合することによって、まったく新しい次元の芸術をつくりだそうとする試みは、世界でも日本でもさまざまに続けられている。その手探りは、新しい前衛芸術の模索というべきものである。[小田切秀雄]
『滝口修造著『近代芸術』(1938・三笠書房) ▽花田清輝著『アヴァンギャルド芸術』(1954・未来社) ▽針生一郎著『芸術の前衛』(1961・弘文堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぜんえい‐げいじゅつ ゼンヱイ‥【前衛芸術】
〘名〙 (avant-garde の訳語) 第一次世界大戦中にヨーロッパで起こったキュービズムダダイズムシュールレアリスムなど、および第二次世界大戦後の文学上のヌーボーロマン、演劇上の不条理劇など、尖端的・変革的芸術の総称。前衛。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

前衛芸術」の用語解説はコトバンクが提供しています。

前衛芸術の関連情報

他サービスで検索

「前衛芸術」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.