Rakuten infoseek

辞書

前蜀【ぜんしょく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

前蜀
ぜんしょく
Qian-shu; Ch`ien-shu
中国,五代十国の一つで,四川省に建てられた国 (907~925) 。ともいう。創始王建 (848~917) は黄巣の乱に軍をあげてとなり,宦官田令孜 (でんれいし) の仮子 (養子) となった。僖宗を保護した功で,四川の一刺史に栄進し,大順2 (891) 年西川節度使陳敬せんを破って成都に入った。次いで唐から西川節度使に任命され,西川の地を確保した王建は,領土を拡大して自立をはかり,天復3 (903) 年蜀王に封じられた。天祐4 (907) 年唐が滅ぶと,みずから帝位について国号を蜀と称し,成都に都した。王建の政権の特色は仮子制度 (→義児 ) で,120人にも及ぶ仮子が王建の家父長的掌握のもとにあり,権力の中枢となっていた。またを避けて移り住んだ唐の旧貴族を優遇したことにより,蜀の文化は高度に発達した。第2代の王衍奢侈にふけり,同光3 (925) 年後唐の荘宗の軍によって滅ぼされ,蜀は2代 18年で滅亡した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぜん‐しょく【前蜀】
中国、五代十国の一。907年、節度使の王建が四川(蜀)に建国。925年、後唐の荘宗に滅ぼされた。蜀。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぜんしょく【前蜀】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぜんしょく【前蜀】
五代十国の一。唐の節度使王建が四川に建国(907~925)。後唐に滅ぼされた。蜀。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぜん‐しょく【前蜀】
中国、五代十国の一つ(九〇七‐九二五)。節度使の王建が四川に建てた国。国号は蜀。首都成都。二世の王衍の時、後唐に滅ぼされた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

前蜀
ぜんしょく
907〜925
五代十国の一国
唐末期の節度使王建により建てられ,首都は成都とされた。初め大蜀,のち2年ほど大ともいい,四川・漢中を領した。戦乱を避けて唐の文人の亡命する者が多く,文化が栄えたが,王衍 (えん) のとき,後唐 (こうとう) に滅ぼされた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

前蜀
ぜんしょく

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

前蜀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

前蜀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.