Rakuten infoseek

辞書

前脳【ぜんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

前脳
ぜんのう
forebrain; prosencephalon
脊椎動物の胚発生で,神経管分化の際生じる脳胞の最前端部。胞は前脳,中脳,後脳の3つに分けられ,前脳はその側壁から左右対をなす袋状の眼胞突出,さらに端脳 (終脳) と間脳に分れる。人類では前脳のうち特に終脳の発達が著しく,左右および後方に膨大して大脳半球となり,間脳はこれに完全に包まれて外からは見えなくなる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぜん‐のう〔‐ナウ〕【前脳】
脊椎動物個体発生初期に形成される三つの脳胞のうちの最前部。大脳間脳になる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぜんのう【前脳】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぜんのう【前脳】
脊椎動物の個体発生の途上に形成される脳胞の最前部。やがて前半の左右に眼胞が突き出し、前半は大脳に、後半は間脳になる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぜん‐のう ‥ナウ【前脳】
〘名〙 脊椎動物の個体発生の初期に形成される三つの脳胞のうちの最前部をいう。形成後間もなく左右に眼胞を生じ、前方の端脳と後方の間脳とに分かれる。端脳はさらに左右に分かれて大脳となる。〔重訂解体新書(1798)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

前脳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

前脳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.