Rakuten infoseek

辞書

前田寛治【まえだかんじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

前田寛治
まえたかんじ
[生]1896.10.1. 鳥取,中北条
[没]1930.4.16. 東京
洋画家。1921年東京美術学校卒業,翌 1922年フランスに留学。エコール・ド・パリの自由な雰囲気にふれ,一方ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル,ギュスターブ・クールベにひかれ,知的な新しい写実を目指した。1925年帰国,同年帝国美術展覧会(帝展)特選(→官展)。1929年『海』(東京,タイ大使館)で帝国美術院賞を受けた。一方,1926年佐伯祐三里見勝蔵らと一九三〇年協会を設立して滞欧作 40点を出品。また本郷湯島に前田写実研究所を開設して,唯物史観に基づく知的で新しい写実主義を主張した。主要作品『二人の労働者』(1923,大原美術館),『赤い帽子の少女』(1926,兵庫県立近代美術館),『裸婦』(1925,東京国立近代美術館),『裸体』(1928,東京国立近代美術館)。(→フォービスム

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

まえた‐かんじ〔まへたクワンヂ〕【前田寛治】
[1896~1930]洋画家。鳥取の生まれ。フランスに留学し、クールベアングル傾倒。独自の写実主義を目ざしたが、しだいに主観表現に向かった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

前田寛治 まえた-かんじ
1896-1930 大正-昭和時代前期の洋画家。
明治29年10月1日生まれ。大正11年フランスへ留学。クールベに傾倒し,また倉吉中学時代の同級生福本和夫の唯物史観の影響をうけ,独自の写実主義を提唱した。15年「一九三○年協会」創立にくわわり,のち前田写実研究所を開設。昭和5年4月16日死去。35歳。鳥取県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。代表作に「海」(帝国美術院賞),「J・C嬢の像」「棟梁の家族」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

まえたかんじ【前田寛治】
1896‐1930(明治29‐昭和5)
洋画家。鳥取県北条町に生まれた。1921年(大正10)東京美術学校卒業。在学中は藤島武二の指導をうけ,また内村鑑三に傾倒。翌22年渡仏してエコール・ド・パリの自由な雰囲気にふれ,また旧友福本和夫と交遊し彼のマルクス主義思想の影響を受ける。アングル,クールベにひかれ,古典主義,写実主義を研究し,25年帰国した。同年の帝展で特選となって画壇地歩を築き,翌年には里見勝蔵,佐伯祐三,小島善太郎らと一九三〇年協会を結成して滞欧作40点を出品,また帝展にも出品を続けて若きホープとみなされ,29年《海》(タイ国大使館)で帝国美術院賞を受けた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

まえだかんじ【前田寛治】
1896~1930 洋画家。鳥取県生まれ。東京美術学校卒。渡仏してクールベに傾倒。帰国後「1930年協会」を創立。独自の写実主義を目指した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

前田寛治
まえたかんじ
(1896―1930)
洋画家。明治29年10月1日鳥取県に生まれる。倉吉中学校を卒業後、上京して葵橋(あおいばし)洋画研究所に入り、黒田清輝(せいき)の指導を受ける。1921年(大正10)東京美術学校西洋画科を卒業、帝展に出品し、翌年フランスへ留学した。クールベのレアリスムに傾倒し、また福本和夫(かずお)から唯物史観の感化を受けて、社会意識の強い独自の写実主義を目ざした。1925年帰国して第6回帝展に『J・C嬢の像』を出品し、特選となる。翌年同志とともに「一九三〇年協会」を創立、また本郷・湯島の自由画室に写実研究所を開設した。質感、量感、実在感を絵画の写実的要件としたが、彼自身の作風はしだいにフォーブ的な主観表現へと向かった。帝展で特選、無鑑査ののち、1929年(昭和4)に審査員として出品した『海』は帝国美術院賞を受ける。翌昭和5年4月16日没。ほかに代表作として『二人の労働者』『裸体』『棟梁(とうりょう)の家族』がある。[小倉忠夫]
『瀧悌三著『前田寛治』(1977・日動出版部)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まえた‐かんじ【前田寛治】
洋画家。鳥取県出身。東京美術学校卒業後渡仏。独自の写実主義をめざしたが、作風はしだいに主観表現に傾いた。代表作「海」「裸体」「二人の労働者」。明治二九~昭和五年(一八九六‐一九三〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

前田寛治」の用語解説はコトバンクが提供しています。

前田寛治の関連情報

関連キーワード

樋口一葉深刻小説トムソン(Sir Joseph John Thomson)内閣総理大臣フォーレシモンズ(Arthur Symons)スペンサー(Herbert Spencer)[各個指定]芸能部門ピエール キヤール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.