Rakuten infoseek

辞書

前橋【マエバシ】

デジタル大辞泉

まえばし〔まへばし〕【前橋】
群馬県中南部の市。県庁所在地。もと厩橋(うまやばし)といい、酒井・松平氏城下町。江戸から大正時代、絹織物業で栄えた。平成16年(2004)に大胡(おおご)町・宮城村・粕川村を、平成21年(2009)に富士見村を編入。人口34.0万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

まえばし【前橋】
群馬県中部、利根川中流域の市。県庁所在地。近世、宿場町、酒井氏・松平氏の城下町。南西の高崎市とともに県の商工業の中心地。旧称、厩橋うまやばし

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まえばし まへばし【前橋】
群馬県南部の地名。県庁所在地。古くは東山道の宿駅で厩橋(うまやばし)と呼ばれた。利根川両岸に発達。江戸時代に酒井氏一二万三〇〇〇石の城下町となり、現名に改称。のち松平氏一五万石の支配下に置かれ、繭・生糸の集散地、市場町として繁栄した。現在、食品・木工・電気機器・輸送機器などの工業が行なわれる。明治二五年(一八九二)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

前橋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

前橋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.