Rakuten infoseek

辞書

前方後方墳【ぜんぽうこうほうふん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

前方後方墳
ぜんぽうこうほうふん
墳墓形式の一つ。方形墳丘に方形の前方部がつけられたもので,前方後円墳の一つの変形ともいえる。古墳時代前期から後期にわたってみられる。古くは地域が限られているように思われていたが,最近全国各地で発見されるようになってきている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぜんぽうこうほうふん【前方後方墳】
古墳の一形式。方の一側に長方形台状の施設を付加した形をとる。前方後円墳の円丘部を方丘にしたもので,墳形以外の点では両者に共通するところが多く,密接な関係にあったものと思われる。しかし,前方後円墳に比べ,の上では圧倒的に少なく,現状では200例余りが知られているにすぎず,墳丘規模も相対的に小さく,最大でも全長約180mを測るにすぎない。古墳時代前期のものが多く,その地方最古の古墳が前方後方墳である場合や,古墳群形成の最初が前方後方墳である場合がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぜんぽうこうほうふん【前方後方墳】
方形の墳丘に方形の墳丘が付設された、古墳の一形式。栃木県上待塚古墳など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぜんぽうこうほう‐ふん ゼンパウコウハウ‥【前方後方墳】
〘名〙 方墳の前部に方形、もしくは長方形の墳丘(ふんきゅう)を付設した古墳。他の墳形に比べて数は少ない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぜんぽうこうほう‐ふん〔ゼンパウコウハウ‐〕【前方後方墳】
方墳前部に、方形または長方形の墳丘を付設した古墳

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

前方後方墳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

前方後方墳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.